girl-1721424

妊活中に子宮筋腫が判明!子宮筋腫があっても妊娠はできる?

女性の4人に1人がかかるとされている子宮の病気、子宮筋腫。自覚症状があまりないこともあり、妊活中に診断された場合は「子宮筋腫があると子宮を摘出しなくてはならないの?」と不安を抱いてしまいがちです。
子宮筋腫とはどのような病気で、これから妊娠を希望する場合はどうしたらいいのかなどを解説します。

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫は、子宮の中の「子宮壁」にできる良性の腫瘍のこと。女性ホルモンにより子宮の筋肉が異常増殖して発生します。

少し怖い病名ではありますが、99%が良性で、女性の数人に1人が持っているといわれるほど発症頻度の高い病気です。

大きさや場所によっては手術が必要になることもありますが、基本的に生命に危険のある病気ではありません。

 

どんな症状があるの?

自覚症状としては、月経過多、生理痛、頻尿、便秘などが挙げられますが、初期ではこれらの症状すらない場合が大半です。

ただし、子宮内腔(子宮の内側)に筋腫ができると、その分、子宮内膜の面積が増えるため、経血の量が増えたり、生理痛がひどくなったりするケースがあります。

 

子宮筋腫がある場合でも、妊娠はできるの?

妊活中に子宮筋腫がわかった場合、一番心配なのが妊娠できるかどうか。

答えから言うと、子宮筋腫があっても妊娠することは可能です。

筋腫の大きさが直径5㎝以上の場合や、筋腫ができた場所によっては不妊の原因になってしまうこともありますが、筋腫を取る手術をしたことで妊娠に至った女性もいます。

ただし、子宮筋腫があることによって子宮内の血流が悪くなるため、妊娠中も下記のようなリスクをともないます。

 

・子宮筋腫の位置によっては流産の危険がある

・妊娠中に炎症が起こり、痛みが出ることがある

・逆子になりやすい

・早産の原因になることがある

 

このように子宮筋腫があることでリスクがあることは事実ですが、必ずしもこれらがすべて問題になるわけではありません。

筋腫のある位置、大きさなどによって、個々に状況は異なります。

 

子宮筋腫ってどんな風に治療をするの?

子宮筋腫があっても、それほど大きくない場合は手術をせずに経過観察となるケースが多いのが現状です。

治療法としては、女性ホルモンの分泌を止める「薬物療法」と「手術」があります。

薬物療法で無月経の状態にして筋腫を小さくしてから手術で切除するなど、ケースバイケースでさまざまなパターンが選択されます。

現在は開腹せず内視鏡によって筋腫だけを取り除く手術が多く採用されています。

また、検査は保険適用ではないものの3,000円前後で受けることができます。前述した自覚症状があって医師が子宮筋腫を疑う場合は保険適用になる可能性もあります。

 

子宮筋腫は悪さをする腫瘍ではありませんが、やはり早期発見できることは重要なこと。ほかの婦人科系の病気とあわせて、定期的に検査を受けましょう。

 

★今回のポイント★

・女性の4人に1人がもっている子宮筋腫はほとんどが良性

・自覚症状はほとんどないが、不妊の原因になることも

・安全な出産のためにも定期的な検査で筋腫を早期発見しよう

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
girl-1721424

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします