diabetes-777002

妊娠中は要注意!妊婦の8人に1人がかかるという妊娠糖尿病とは

妊娠中は、誰でも体調の変化が現れるもの。そのなかでも、とくに注意したいのが妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病になると、妊婦だけでなく、胎児にもさまざまな悪影響が現れます。
妊娠糖尿病が起こる理由と、妊娠糖尿病になりやすい人、なってしまったときの治療法をご紹介します。

妊娠中は血糖値が上がりやすい

妊娠中は、妊娠していない状態と比較すると、血糖値が上がりやすいことがわかっています。

ご飯やパン、イモ類、砂糖などの食品に含まれる糖質は、体内で消化・吸収されてブドウ糖となり、血液中に溶け込みます。血糖値とは、この血液中のブドウ糖(血糖)の量のことです。

食後に血糖値が上がると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、血液中のブドウ糖を全身の細胞へエネルギー源として送ったり、余ったブドウ糖を肝臓や脂肪、筋肉に蓄えさせたりする働きがあります。

インスリンがきちんと分泌され、正しく働いていれば、血糖値が上がりすぎることはありません。

しかし妊娠中は、胎盤から出るホルモンがインスリンの働きを妨げてしまいます。そのため、血糖値が上がりやすくなるのです。

 

妊婦と胎児に悪影響を及ぼす、妊娠糖尿病

妊娠中に血糖値が一定値を超えてしまった状態を、妊娠糖尿病と呼びます。

“糖尿病”と名付けられていますが、正確には、通常の糖尿病の基準までは高くない、血糖値がやや高めの状態です。

ただ、妊娠糖尿病は妊婦だけでなく、胎児にもさまざまな悪影響を及ぼします。

妊婦自身には妊娠高血圧症候群や羊水量の異常、肩甲難産、網膜症、腎症などが、胎児には流産、胎児死亡、形態異常、巨大児、心臓肥大といった合併症が起こりやすくなるのです。

現在、日本では、妊婦の約12%が妊娠糖尿病と診断されるといわれています。これは、妊婦の8人に1人という高い割合です。

 

妊娠糖尿病になりやすい人とは?

妊娠糖尿病は、家族に糖尿病患者がいる人や、肥満体質、妊娠中に太ってしまった人がなりやすいといわれています。

しかし、やせているからといって安心はできません。

妊娠高血圧症候群や羊水過多症と診断された人、高年妊娠、巨大児や過剰発育時の分娩経験がある人も、妊娠糖尿病に陥りやすい傾向があるからです。

妊娠糖尿病は、スクリーニング検査という血液検査の結果で診断されます。

一般に、スクリーニング検査は、妊娠初期(10週付近)と、妊娠中期(24週付近)に行われます。

ただ、すべての医療機関でスクリーニング検査が行われるわけではありません。

妊婦と胎児の安全を確認するためにも、スクリーニング検査はできるだけ受けたほうがよいでしょう。

 

妊娠糖尿病の治療は食事管理が基本

妊娠糖尿病になってしまった場合、治療は食事療法が中心となります。

ただ、通常の糖尿病患者のように糖質を徹底して減らす食事療法では、胎児が栄養不足に陥ってしまう危険があります。

そのため近年は、ある程度は食事を管理し、それでも血糖値が下がらないときは、インスリンの自己注射を行うという治療法が増えてきました。

妊娠が進むとインスリン注射の使用量は増えますが、産後は血糖値が下がるため、ほとんどの場合、インスリン注射は減量・中止できます。

ただし、妊娠糖尿病になった人は、その後、糖尿病になりやすいといわれています。出産後も定期的に検診を受けるようにしましょう。

 

★今回のポイント★

・妊娠中は、血糖値が上がりやすい

・妊娠糖尿病は、妊婦・胎児にさまざまな悪影響を及ぼす

・家族に糖尿病患者がいる人、太った人、高年妊娠の人などは要注意

・治療は食事療法が中心。インスリンの自己注射も

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
diabetes-777002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします