pregnant-775036

なかなか2人目を授からない…意外と多い「2人目不妊」の原因は?

「1人目の子どもは自然に妊娠・出産できたのに、2人目をなかなか授からない」「2人目からは、なぜか流産を繰り返してしまう」――このような「2人目不妊」は、実は珍しくありません。でも、なぜ2人目がなかなか授からないのでしょうか。今回は、2人目不妊の原因を探ります。

「2人目も簡単に授かる」とは限らない

1人目はスムーズに妊娠・出産できたから、きっと2人目も、そのうちに授かるはず」と考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、それは少し安易すぎる考え方です。

実際には、2人目の子どもをなかなか授からずに悩んでいる夫婦が少なくありません。

このような「2人目不妊」の原因には、いくつかの理由が考えられます。

 

2人目不妊の原因(1) 女性の年齢

女性の年齢が、2人目不妊の大きな要因となります。

現在、日本での女性の初産年齢の平均は、約30歳。2人目の妊娠・出産は、当然この年齢よりも高くなります。

一方、卵子の質は、20代の後半から低下が始まり、30代半ばで急速に悪化するといわれています。

1人目を妊娠・出産したときと比べると、妊娠しづらくなっている可能性は高いのです。

 

2人目不妊の原因(2) 女性の体質の変化

出産を機に、体質が大きく変わったという女性も珍しくありません。

出産後、アレルギー体質などがよくなったという人もいれば、自覚していなかった病気が表面化したという人もいます。

1人目を不妊治療で授かった人が、2人目では前回と同じ治療がうまくいかず、治療を初めからやり直したという例もあります。

 

2人目不妊の原因(3) 女性の卵管の状態の変化

2人目不妊の女性側の原因としては、卵管の状態の変化も考えられます。

たとえば、卵巣にある卵子が卵管にうまく導かれなくなっているのかもしれません。

その原因としては、卵管炎や子宮内膜症などが考えられますが、原因がはっきりとしない場合もあります。

また、クラミジアなどの感染症にかかったことで、卵管そのものが閉塞している可能性もあります。

 

2人目不妊の原因(4) 男性側の原因、セックス回数の減少

男性側の原因としては、加齢やストレスなどによって精子が悪影響を受けた可能性が考えられます。

また、1人目の育児や生活習慣、環境などの変化などによって、単純にセックスの回数が1人目の時よりも減っているのかもしれません。

 

2人目が欲しければ、早めの対応を

このように、2人目不妊には、さまざまな原因が考えられます。

両親がもともと妊娠しづらい体質だったのに、1人目は運よく、たまたま授かっただけ、という可能性もあるのです。

1人目は問題なく妊娠・出産できたのに、2人目以降は流産を繰り返してしまうという例も珍しくありません。

 

いずれにしても、年齢を重ねた分、2人目は1人目よりも妊娠しづらいのは事実です。

育児の負担を考えると、2人目は1人目の手がかからなくなってから…などと、考えている人は多いでしょう。

兄弟が3歳差だと受験が重なって大変だといった具合に、兄弟の年齢差のメリット・デメリットを考えている人もいるかもしれません。

しかし、本当に2人目が欲しいのであれば、時間の余裕はあまりないかもしれません。不妊治療の検討を含めて、早めに対応することをおすすめします。

 

★今回のポイント★

1人目をスムーズに授かったから、2人目もすぐに授かるとは限らない

・年齢や体質の変化など、2人目不妊の原因はさまざま

2人目が欲しいのであれば、対応は早めに

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pregnant-775036

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします