733023eee7ef953d3ca24

妊娠中に子宮頸がんが発覚…治療法と胎児への影響は?

近年、20~30代の女性に急増している子宮頸がん。なかには妊婦健診で異常が見つかる妊婦さんもいるかもしれません。がんというだけでもショックなのに、妊娠中はさらに多くの不安がつきまとうことと思います。妊娠中に子宮頸がんと診断された場合、治療はどのように行われるのか、また、胎児への影響について解説します。

子宮頸がんって、どんながん?原因は?

子宮頸がんは、子宮の入り口付近に発生するがん。

その原因は、セックスで人から人へ感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)です。HPVはごくありふれたウィルスで、セックスの経験がある女性であれば、誰でも感染の可能性があるといえます。

ただし、がんの原因となるのはHPVのなかでもハイリスク型のウィルスに限られ、仮に感染したとしても、免疫の力で自然に治癒することも珍しくありません。

さらに、定期的に検診を受けていれば、その多くはがんになる前に発見・治療することが可能です。

しかし、子宮頸がん検診の受診率はまだ低く、妊婦健診時で子宮頸がんが発覚することも稀ではありません。

 

子宮頸がんのステージ分類と治療法

子宮頸がんの進行度は、大きく分けて0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期の5段階に分類されます。

Ⅰ期以上はがんの大きさや、粘膜内にがんがどのぐらい深く入っているかなどにより、ⅠA1期、ⅠA2期、ⅠB1期、ⅠB2期といった具合に、さらに細かく分かれています。

妊娠に合併した子宮頸がんに多く見られるのは、子宮頚部の一番表面の細胞層にのみ異常な細胞が見られる0期と、顕微鏡で見ないと検出できない、ごく微量のがんが認められるⅠA期。

妊娠中や出産時にHPVが赤ちゃんにうつる心配はありません。また、HPVが妊娠の継続や赤ちゃんの成長に影響することもありません。

それでは、ステージごとに推奨される治療法を見ていきましょう。

 

(1) 0期は出産まで経過観察

0期では、細胞検査とコルポスコープと呼ばれる器具を用いた検査の所見が一致している場合、妊娠中の手術は行わずに経過観察となることが多いです。

産後48週に、子宮頸部の一部を円錐状に切除する「円錐切除術」を受けることになります。その後、検査で0期以下と診断されれば、これで治療は終了です。

 

(2) ⅠA期以上は妊娠中に手術を実施

A期以上の病変が疑われる場合は、診断を確定させるためにも、妊娠中でも円錐切除術を行うことが望ましいとされています。

手術は妊娠14週から24週までの間に実施されます。

合併症としては、出血に関連するものが多いですが、早産となる場合や、わずかながら胎児の死亡例も報告されています。

術後は、同時に子宮頸管を糸で縛る「子宮頸管縫縮術」を行って流産や早産を予防する場合もあります。

 

自然分娩が可能なケースも

円錐切除術を行った結果、子宮を温存できると判断された場合は、妊娠を継続し、自然分娩が可能です。

しかし、切除した組織の切り口にがん細胞が認められた場合や、ⅠA2期、またはがんが子宮の近くに発生している「腺がん」と診断されたケースなどでは、子宮の摘出手術も視野に入れ、個別に検討していくことになります。

いずれにしても、担当医とよく相談した上で、納得のいく治療法を探ることをおすすめします。

 

★今回のポイント★

0期の子宮頸がんの場合、出産後に円錐切除術を行う

・ⅠA期以上の子宮頸がんは妊娠1224週までに円錐切除を行う

・ⅠA2期以上やがんができた場所によっては子宮摘出の可能性も

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
733023eee7ef953d3ca24

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします