20170816084841-3249-310_raw

引き寄せちゃってるかも!ダメンズにアプローチされやすい女性の特徴

振り返ってみれば、過去に付き合ってきた男性はダメンズと呼ばれる人ばかり…。

働いていなかったり、借金があったり、モラハラがひどかったりと問題を抱える男性とばかりお付き合いしてきた女性もいるのではないでしょうか?

ダメンズに引っかかりたくなければ、ダメンズを事前に見分けられるようになるより、ダメンズが相手にしない女性になる必要があります。ここでは、自他共に認めるダメンズたちに、アプローチしやすい女性の特徴を聞いてみました。

■頼まれたら断れない

「お願い!って頼むと、”しょうがないなぁ”と言いつつもだいたいのことはやってくれる子。彼女がいても”お願い!”って言えばやらせてくれるような子はラッキーって思うし手軽」(20代/IT)
ダメンズは、自分の欲求を満たすために利用できる女性を見つける嗅覚があります。そのため、自分のお願いを聞いてくれる女性でないとアプローチしません。
男性から無理なお願いをされても「こんな私に頼んでくれているんだから…」と引きうけてしまう女性は、ダメンズの餌食になりやすいもの。頼まれごと全般を、利用されているのではなく「必要とされている」と勘違いしてしまうので、ダメンズにとっては狙い目なのです。

■ひどいことをされても怒れない

「『彼氏が他の女の子とふたりで飲みに行っても怒らない』っていう子かな。あとは、浮気されても謝られると簡単に許しちゃったり。自己肯定感が低い」(20代/広告代理店)
好きな人を相手にするとなかなか怒れない…そんな女性もダメンズの餌食になりやすい傾向があります。
自分の意見を主張せず、相手の意見を一方的に受け入れてしまうことが多いので、ダメンズにとっては「都合がいい女」状態。相手の話を聞くことも大切ですが、幸せな交際をするためには、自分の気持ちや意思を素直に伝えることのほうが重要です。

■なんでも話してくれる=愛情だと思っている

「そんなに親しくないうちに、俺が借金があるとか、過去の恋愛にトラウマがあるとか暗い話をしまくっても、”大変だったね”とか”可哀相”って同情してくれる子。優しいから扱いやすい」(20代/不動産)
さほど親しくないうちから、重い話をして女性を確かめるダメンズは多いです。自分を大事にしている女性であれば、親しくない間柄で重い話をされると「関わらないようにしよう」と用心深くなるもの。
しかしダメンズに引っかかりやすい女性は「可哀相!」と同情し、「こんなことまで話してくれるなんて愛情に違いない」と思いこんでしまいます。自己開示をすることが愛情だとは思わないようにしましょう。

■行動よりも言葉を信じる

「ぶっちゃけ浮気してるけど、バレそうになったときに”俺のこと信じられないの?お前のこと愛してるよ”って言ったらすんなり信じてくれた。今も浮気続行中」(20代/メーカー)
「好きだよ」「愛している」の言葉だけを信じて彼の行動に目をつぶる女性もダメンズに騙されやすいと言えるでしょう。言葉で言うのは簡単です。
しかし、実際に行動に起こすには「強くそう思っている」という事実がなければできません。「働こうと思っている」「お金を返そうと思っている」など口先ばかりで行動を起こさないような男性には要注意。言葉よりも行動を見ましょう。

まとめ

ダメンズは、自己肯定感が低く自分を大切にしていない女性を餌食にします。
つまり、自分を大切にし、輝いている女性には近づきません。ダメンズに引っかからないためには、自分の意思をしっかりと持ち、相手に伝えられる女性になりましょう。(小林リズム/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

howcolle_logo
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20170816084841-3249-310_raw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします