101

「自宅安静」と言われたらどうすればいい?切迫早産を防ぐには

妊娠22週0日から36週6日までの間で、お腹の張りが続いたり、出血が見られたりするようなことがあれば「切迫早産」かもしれません。赤ちゃんはなるべく長くママのお腹の中で過ごすのが望ましいので、できるだけ早産にならないよう安静にします。カラダの調子がいつもと違うと感じたらすぐに受診しましょう。

切迫早産と早産の違いは?

日本では、妊娠220日から366日までの出産が「早産」と定義され5~6%の妊婦さんが実際に早産になっています。予定日よりも早いその時期に出産の兆候が見られるのが「切迫早産」です。

切迫早産では、下腹部の痛みや出血などの自覚症状を感じることがあるほか、子宮が頻繁に収縮したり、すでに破水したりしていることがあります。

切迫早産の原因として考えられるのは、感染症による子宮頸管炎や絨毛膜や羊膜の炎症です。清潔に保たれているはずの膣内が、何らかの原因で細菌が増加して炎症が起こるものですが、その原因は詳しく解明されていません。

ほかにも、子宮頸管がゆるんで子宮口が開いてしまう子宮頚管無力症や、家事や仕事などによる疲れ、過度のストレスが原因になるともいわれています。多胎の妊娠や子宮筋腫がある人、虫歯や歯周病がある人、喫煙者も切迫早産のリスクが高いといいます。

 

安静に過ごすのが第一。入院する場合も

切迫早産と診断された場合は、安静にするのが第一です。しかし、掃除、洗濯などの家事はしていいのか、ずっと横になっている必要があるのか、その目安はわかりにくいものです。医師の指示をきちんと確認しましょう。症状によっては、トイレ以外はずっと横になるよう指示されることもありますが、そんな時はパートナーや周りの人にも協力を仰いで安静に過ごしましょう。

パートナーとのセックスも、安静にという指示がある場合は避けるようにしましょう。
セックスは母体に負担がかかるだけでなく、精液に含まれるホルモン(プロスタグランジン)が子宮の伸縮を促進してしまうことがあるためです。

切迫早産で入院する場合もあります。ウテメリンなどの子宮の収縮を抑える薬の点滴を24時間続け、シャワーも使わないよう指示が出る場合も。正産期を迎えるまで数週間の入院になることもあれば、経過が良好なら、退院して自宅安静に切り替わることもあります。

ほかには、膣内の感染を抑える抗生剤を服用する場合もあります。突然子宮口が開いてしまう子宮頚管無力症の場合は、子宮頚管裁縮術で子宮口を縛り、そのまま正期産まで過ごすこともあります。どのような薬をどの程度服用するか、またどのような治療法を選択するかは切迫早産の度合いによっても違ってきますので、医師の判断に従いましょう

こうして過ごすうちに出産のリスクが低くなるとされる正期産の37週を迎えることもあります。仕事や家事ができないことで、自分を責める気持ちが生まれるかもしれませんが、すべてはお腹の中の赤ちゃんのため。しっかりカラダを休めましょう。

 

切迫早産にならないためにはどうすればいい?

切迫早産の原因のひとつ、子宮頚管無力症は子宮頸管が短いのが理由と考えられており、予防するのは難しいとされています。(一人目が子宮頚管無力症だった場合、次のお産でも同じようになることがあります)

これに対して、家事や仕事などによる疲れ、過度のストレスは、意識すれば軽減できるもの。虫歯や歯周病があるなら治療を済ませ、タバコを吸う人はきっぱり禁煙するなど、ママの努力で予防できることもあります。早産の原因とされる膣内の細菌感染を防ぐために、セックスの際にコンドームを使うのも大切です。

お腹の中の赤ちゃんは、できるだけ長くママのお腹の中で過ごすのが望ましいものです。早産を避けるためにも、お腹の張りが収まらなかったり、出血が見られたりするなどの自覚症状を感じたら、次の健診を待たずに診察を受けましょう。切迫早産の治療の第一は安静といわれます。診察で、安静や服薬の指示を受けた場合は、それをしっかり守って過ごしましょう。

 

★今回のポイント★

・安静にすると収まることもあるのであせらずに

・原因は子宮そのものの病気のほか、ストレス、歯周病などさまざま

・安静に過ごすほか、投薬や手術などの治療方法がある

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
101

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします