mtihp-0002770

臨月に入ってからは健診も週1回に。胎児の状態もより詳しく検査

妊娠36週目に入るといよいよ臨月。出産が間近に迫り、入院の準備などに追われて何かと気ぜわしいものです。この時期に行う妊婦健診では、母子それぞれの健康状態をチェックする検査が行われます。そのひとつが胎児の心拍数などを測定するNST(ノンストレステスト)です。出産に向けて、きちんと受診しましょう。

胎児の心拍数などを測定するノンストレステスト

NSTとは、well-being検査(胎児が良好に成長しているかどうかを調べる検査)のひとつ。

お腹にベルトを巻いて器具を固定し、胎児の心拍数と子宮の収縮の2つをモニタリングします。それと同時に胎動も計測します。胎動を自動的に計測するものと、胎動を感じたときに自分でボタンを押すものがあります。

20~40分ほどかけて行われるのは、胎児が睡眠と覚醒を繰り返すのがおよそ20分間隔のため。胎児が起きている間に心拍数の変化を確認します。その結果を見ながら、出産が間近になったこの時期、胎児の状態が正常か、問題がないかを調べます。

NSTは子宮に負荷をかけない状態で行う検査で、妊婦はやや上体を起こした状態でベッドなどに横になります。器具を直接お腹にあてるので、ワンピースよりもセパレートタイプのウェアが便利でしょう。機械を装着したあとは終了時間まで静かに過ごすだけで、痛みなどはありません。

骨盤の広さと胎児の頭の大きさのバランスも確認

その他の検査として、骨盤X線検査が行われることがあります。こちらは骨盤の大きさを測定するもので、児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんとう)が疑われる場合の検査です。

児頭骨盤不均衡とは、骨盤の大きさと胎児の頭のバランスが合っていない状態を指し、分娩全体の46%程度に見られます。たとえばお母さんの身長が150cm以下と小柄な場合や、胎児の頭が著しく大きい、またお母さんの骨盤が狭いといったケースは、胎児が骨盤の間を通ることができません。経腟分娩が難しいと判断されれば、帝王切開になることがあります。

出産を迎えるまで、児頭骨盤不均衡であることがわからない場合も多いといわれますが、妊娠38週を過ぎても胎児が下りてこないような場合は、お腹の上から恥骨や胎児の頭を触診するザイツ法で児頭骨盤不均衡を診断することがあります。この時に、より正確な診断のために骨盤の広さを測るX線検査が行われることもあります。分娩が途中で進まなくなって初めて児頭骨盤不均衡が疑われることもあり、医師の判断により、急遽帝王切開になることもあります。

妊娠目前というこの時期ならではと言えるさまざまな検査。NSTでは胎児の心拍数から胎盤機能の状態も判断できるので、超音波検査でも羊水量が少なく胎盤機能低下が疑われる場合など、胎児の状態によっては帝王切開が行われたりすることもあります。

さまざまな検査にとまどいを感じるかもれませんが、適切な検査を受けることで母体と胎児の健康状態がわかります。しっかり受診して、出産までの残り少ない毎日を過ごしましょう。

 

★今回のポイント★

・36週目からは妊婦健診が週1回に

・妊婦と胎児の健康状態をチェックするNSTが行われる

・骨盤の広さを確認するX線検査を行う場合も

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
mtihp-0002770

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします