mtihp-0002788

夕方の肌のベタつき・テカリを何とかしたい!オイリー肌のためのケア方法

オイリー肌の人には、時間が経つと顔がテカテカしてしまい、あぶらとり紙が手放せない人もたくさんいるはず。メイク崩れは日常茶飯事で、ニキビや吹き出物もできやすいなど、悩みが多い肌質のひとつです。オイリー肌になる原因やメイクをする際のポイントをご紹介します。

あなたの肌は何タイプ?

人間の肌は、皮脂と水分量のバランスから「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」「混合肌」の4つに分けることができます。ご存知の通り、オイリー肌の人は皮脂の分泌が多い肌質です。乾燥肌の反対の肌質だと思われがちですが、実はオイリー肌の人でも乾燥している場合が多いといわれます。

洗顔後、半日くらい経ってからTゾーンを触ってみたときにベタつきを感じたらオイリー肌の可能性大。皮脂を長時間放っておくと、ニキビや吹き出物の原因になるアクネ菌のエサとなり、ニキビができやすくなってしまうので注意しましょう。

肌が脂っぽくなる原因とは?

オイリー肌になってしまう原因には、男性ホルモンのテストステロンが深く関係しています。ストレスや睡眠不足、乱れた食生活などから男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂の分泌も増加するとされています。

また、女性ホルモンの分泌が低下すると、男性ホルモンの作用が相対的に強くなってしまいます。

この他にも、洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使うことも原因です。これらによって必要な脂分まで洗い流されてしまい、肌のバリア機能が低下して肌の水分量が少なくなり、それを補おうと皮脂が余計に分泌されてしまうのです。

テカりやすい部位(顔)のお手入れ方法

オイリー肌の人を悩ませる「鼻」「Tゾーン」のベタベタ、テカテカを防ぐための方法をご紹介します。

・洗顔で皮脂を洗い流しすぎない

肌がベタつきやすい夏はしっかり落としてサッパリしたいところですが、オイリー肌にはメイク落としや洗顔の際に必要な皮脂を洗い流してしまうということも影響しています。メイク落としや洗顔料は肌にやさしい素材でできたものなどに切り替えるのもいいかもしれません。

・肌の水分を蒸発させない

オイリー肌の人はベタつきを避けるために、スキンケアを化粧水だけで終わらせてしまう人がいますが、実はそれもオイリー肌に導く原因です。肌の水分量の低下が皮脂の分泌を促してしまうので、お風呂上がりのスキンケアでは肌の水分を蒸発させないように、乳液やクリーム、オイルなどを使うことをオススメします。

・しっかりと睡眠時間をとる

夜更かしをした次の日に、肌の調子があまりよくないと思ったことはありませんか?
生活習慣の乱れや睡眠不足も、肌に大きな影響を与えるので、できるだけ0時までにはベッドに入るようにしましょう。

オイリー肌さんへのメイクアドバイス

オイリー肌でもメイクが崩れにくくなるポイントをご紹介します。

・ファンデーションはパウダータイプを

リキッドタイプのファンデーションは、オイリー肌の人にとっては油分が多く、メイク崩れの原因になることがあります。そのため、パウダータイプのファンデーションをオススメします。

・ファンデーションは薄塗り

皮脂の分泌量が多い人がファンデーションを厚塗りすると、メイクが崩れやすくなってしまうのは簡単に想像できます。この他にも、毛穴が詰まって「いちご鼻」になったり、ニキビや吹き出物ができたりすることも……。オイリー肌の人は、ファンデーションをできるだけ薄塗りにするように心がけましょう。

・ポイントメイクはしっかりと

ベースとなるファンデーションを薄塗りにする代わりに、アイメイクやリップメイクはしっかりと行ってメリハリをつけましょう。そうすることで、他の人の目が肌に行かないようにコントロールできます。

★今回のポイント★

・オイリー肌とは、皮脂の分泌が多い肌質のこと

・男性ホルモンのテストステロンが関係している                      

・肌の水分補給はしっかり、クリームやオイルは少量を塗る

・ファンデーションはパウダータイプを使って、薄塗りにする

 

この記事の監修 
婦人科専門医  松村 圭子先生

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
mtihp-0002788

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします