voice_8_top

【ルナルナ みんなの声】妊娠について~妊娠前編~

第8回目アンケート「妊娠について~妊娠前編~」結果をアップしました!妊娠・出産は女性にとって一大イベント!
今回は妊娠前について、みなさんの実情や悩み、体験談などをみてみましょう♪
※「ルナルナみんなの声」は、ルナルナスマートフォンサイトにて実施中のアンケートとなります。アンケートに参加するには、ルナルナスマートフォンサイトのご利用が必要となります。

女性にとって、妊娠・出産は人生の一大イベント。

毎月の生理も赤ちゃんを受け入れるために準備をしていた子宮内膜が古くなり剥がれ落ちて体外に排出されることで起こることから、女性の体は初潮から閉経までつねに赤ちゃんを授かる準備をしているともいえるのです。

しかし、妊娠は経験したことのない人にとっては完全に未知の領域!

妊娠未経験の方には現在の状況を、既に経験された方には妊娠する前はどうだったの?ということで、今回は妊娠する前の意識について、ルナルナ会員のみなさんの実情に迫っていきます!

Q1.年齢を教えてください

voice_8_q1
まずは今回アンケートに答えて頂いた方の現在の年齢についてお聞きしてみました。

今回のアンケートに回答して頂いたのは「25~29歳」が最も多く34.4%、続いて「30~34歳」が24.4%、「20~24歳」が17.9%となりました。

続いて、現在のステータスについても質問してみました。

Q2.あなたの状況を教えて下さい

voice_8_q2

今回のアンケートでの未婚、既婚の割合は、ほぼ半数という結果となりますが、そのなかでも一番多かったのは「未婚、彼氏あり」と答えた方で34.9%となっています。

続いて多かったのは「既婚、子供あり」では25.6%となっていることから、アンケート回答者の4人に1人は妊娠経験済みという結果となりました。

Q3.現在、妊娠希望 or 避妊希望ですか?

voice_8_q3

次に、現在は妊娠希望か、それとも避妊希望なのかについてお聞きしました。

アンケートでは、「妊娠希望」が45.8%、「避妊希望」が37.0%という結果となっています。

このことから、およそ半数の方は現在、妊娠を希望されていることがわかりました。

Q4.妊娠に対してあてはまるイメージを教えてください

voice_8_q4

続いて、妊娠の対するイメージについてお聞きしました。

アンケートの結果からは「幸せ」23.6%、「喜び」23.0%とほぼ同率の結果となっています。

このことから、多くの方は妊娠については良いイメージを持っていることがわかります。

そして、次に多かったのは「大変」18.1%、「お金がかかる」11.7%と続いていることから、多くの方は赤ちゃんを授かることはとても嬉しいことだけども、大変という現実的な一面も感じられていることがみえてきました。

他にも以下のような回答を頂きましたので、ご紹介します。

★神秘的なこと
★希望
★責任感
★つわりが大変
★痛い
★楽しみと不安
★自由がきかなくなる

自由回答の結果からも不安と希望の入り混じった複雑な心境が伺える結果となったのではないでしょうか。

妊娠・出産は女性ひとりで背負うものではありません。妊娠したときのために日頃からパートナーともよく話合っておくことが大切です。

Q5.いつかは妊娠したいですか?

voice_8_q5

次に、妊娠希望の方もそうでない方も「将来、妊娠してみたいと思うか?」ということについてもお聞きしました。

アンケートでは「はい」と答えた方は88.3%という結果で、なんと9割近くの方は「いつかは妊娠したい!」と思っていることが分かりました。

やはり女性としては妊娠・出産ということに興味や憧れを持つ方が多いということかもしれません。

将来、妊娠して赤ちゃんを授かるために妊娠前から自分の体の状態を知り、妊娠について正しい知識を身につけることはとても大切です。

また妊娠のメカニズムを正しく理解することで排卵のタイミングなどもうまくつかめるようになり、スムーズな妊娠にもつながりやすくなります。

Q6.第一子を妊娠した、もしくは妊娠したいのはいつですか?

voice_8_q6

そして今回のアンケートでは、みなさんの理想とする妊娠したい年齢についてもお聞きしました。

もっとも多かったのは「25~29歳」.35.8%、「30~34歳」29.3%、「20~24歳」13.4%となっています。

Q1では「25~29歳」が34.4%、続いて「30~34歳」が24.4%、「20~24歳」が17.9% だったので、それらと比較すると、「30~35歳」が4.9%、「24~29歳」では1.4%UPしている結果となりました。

このことから、25~35歳で生活も落ち着いてから、と考える方が多いのかもしれません。

では、みなさんはいつ頃から妊娠を意識するようになったのでしょうか?

Q7.妊娠を考え始めたのはいつごろですか?

voice_8_q7

最も多かったのは「25~29歳のとき」で25.1%、続いて「20~24歳」24.5%となっています。

20代半ば~後半になると友人や知人など周りでも結婚、出産のする人が増えていく時期。このようなことから徐々に意識を強める方が多いのかもしれません。

みなさんは『卵巣年齢』というものをご存知でしょうか?

卵子のもとになる原子卵胞は、お母さんのお腹にいる胎児期に500万~700万個作られますが、生まれるときには200万個、思春期には10万~30万個、30代では5万個と、毎周期約1000個ずつ減少して行きます。

卵巣の機能も徐々に低下、閉経間際には、原子卵胞はほとんどなくなってしまいます。

このように、いくら見た目が若々しく健康でキレイであっても、卵巣には寿命があり、等しく50歳前後で閉経を迎えます。

「今はまだ…」と思っていても、生まれながらに卵子の個数は限られているため、欲しいと思ったときにすぐにできないこともあることから、不妊は決して他人事ではありません。

ルナルナでは、将来、健康で元気な赤ちゃんを産み育てるためにも、正しい知識を得て、きちんと「いつか」を見据えてライフプランを立ててほしい、また得た知識は周りの人や、自分の子供にもきちんと伝えてほしい、と考えています。

 

では妊娠希望の方はどのようなことがキッカケで妊娠について意識するようになったのでしょうか?

Q8.妊娠を考え始めたキッカケはなんですか?

voice_8_q8

アンケートで一番多かったのは「年齢とともに欲しくなった」で19.7%となっており、次いで「彼の子供が欲しかった」17.2%、「結婚した」16.5%、「身近な人が妊娠した」15.2%と続いています。

やはり年齢やパートナーとの出会い、結婚といった環境の変化などから意識するようになった方が多いということがわかりました。

また周りで妊娠して出産したりすると、赤ちゃんと触れ合う機会が増えることで「いつかは私も。」と意識するキッカケとなっているようです。

ほかにも以下のような回答を頂きましたのでご紹介します。

★子供が好きだから
★自分の子供が欲しかった
★親に孫を見せたいから
★パートナーが欲しいと言ったから
★仕事で子どもと触れ合っている為
★一人っ子ではなく兄弟をつくってあげたかったから

それでは妊娠するために、みなさんはどんなことを実践されたのでしょうか?

Q9.妊娠するために何かしましたか?

voice_8_q9
今回のアンケートで最も多かったのは「基礎体温をつける」21.5%でした。

妊娠する可能性を高めるためには自身の排卵日を把握しておくことが重要です。

基礎体温は排卵日だけでなく、排卵の有無もチェックすることができます。

続いて多かったのは「タイミング法を試す」14.4%となっています。基礎体温に続いてこちらもポイントは排卵日!

タイミング法にはきちんと自分の生理周期と排卵日を把握しておくことはもちろん、パートナーにも協力を仰いでおくことが大切です。

効果的な妊娠のため、基礎体温測定と合わせて、タイミング法を試される方が多いのかもしれません。

他にも以下のような回答を頂きましたのでご紹介します。

★ストレスをためないようにする
★産婦人科を受診した
★身体にいいお茶(ルイボスティー、たんぽぽ茶)を飲むようになった
★排卵検査薬を使用した
★体を動かすようにする
★ルナルナを参考

自然に妊娠できることができれば一番良いですが、健康への意識が高いルナルナ会員のみなさんだからこそ、日ごろから自身の体に気をくばり、妊娠しやすい体づくりを心がけている方が多いのかもしれません。

Q10.妊娠について不安や困ったりしたことがあれば教えてください。

続いて、妊娠についてルナルナをお使いの皆さんが不安に思っていることや大変だったことについてお聞きしてみました。

*・・*・・こんなことが不安です!*・・*・・
★ringoさん
自分が妊娠できるかという、漠然とした不安。

★せいちゃん♪さん
不規則な生活を強いられる職業なので、自分のからだが妊娠可能なのか、心配です。

★ちいさん
マタニティーブルーが不安。

★AyuNさん
やはり検診代などお金に関する事が不安

★りーママさん
妊娠に気付く瞬間までタバコにお酒など体に悪い生活の毎日でこんな体で健康な赤ちゃんが育つか不安だった(–;)

★ちあきさん
赤ちゃんはとてもかわいいけど、回りの人の産むときの辛い話を聞いて、自分にも耐えられるのか考えた事はあります。

★かりんとうさん
タイミング法を何度か試してもダメで、不妊症の病院に通って人工受精を三回してもダメで、体外受精に切り替えた方がいいのか悩み中。 年をとればとるほど、妊娠がこんなに難しいとは・・・。

*・・*・・これが大変でした!*・・*・・
★SAKURAさん
情緒不安定になって、旦那との関係をうまく保つことが難しかった。

★ことりさん
安定期に入り出血したときは本当に不安で泣いてしまったりもした。 本当にストレス、冷えは良くない。

★まめさん
妊娠中の不安の1番は赤ちゃんが健康であるかどうか。五体満足、健康な赤ちゃんが生まれてくれるかどうか、障害がないか、などの不安がありました。 困ったことは、妊娠後期、足の爪が自分で切れない、ズボンやパンツを履くのに片足でバランスがとれないことです(笑)

★ユカさん
出産経験ありですが、妊娠中は恥骨が痛くなって凄く困りました。後期になるとお腹が大きくなって寝返りもうてなくなって腰、恥骨の痛みがかなりひどかったのを覚えてます♪

☆・・*・・*・・*・・☆

妊娠前~妊娠中について様々な意見を頂き、ありがとうございました!
現在、同じような悩みを抱えている方や、これから迎える方の少しでも参考になれば幸いです。

悩みは不安を抱えていると、ストレスになり体や心に悪影響を与えます。悩みすぎる前に信頼できる家族や知人、専門家に相談してみましょう。

Q11.妊娠しやすくするために工夫したことや気をつけたことがあれば教えてください

今回のアンケートでも妊娠経験のある方も含めて9割近くの方が妊娠したいと思っていることがわかりました。

そこで、実際の妊娠・出産するために実践したことについてお聞きしてみました!

現在、妊娠希望の方も「いつかは…」と考えている方にも参考になる意見を頂きましたの、ご紹介します。

☆・・*・・*・・*・・☆

★パンダさん
将来妊娠したいので、体の冷えについて敏感に考えるようになり、温めることに力を入れている。

★ぴぃさん
腹巻きをはじめました。あと、ルイボスティーものんでます。

★Fujicoさん
妊娠を考え始めた頃から、葉酸のサプリメントを飲み始めました。 生活面ではアルコールを摂取しなかったです。 元々生理は順調だったのでルナルナのお告げの排卵日予測を見てタイミングを図ったらありがたい事に妊娠出来ました(o^-^o) いつか出逢うと信じていた我が子に『私達の所においで(*^^*)』って願ったのも良かったと思っています。

★えみさん
産婦人科を受診し、ネットや情報に流されずに妊娠の基礎を教わった。

★うまさん
私は整理周期が短く妊娠しにくいと病院で言われ内服薬とホルモン注射をしています。気分転換をしながらベビ待ちです。

★AyuN さん
特に何もしてません。 しいて言うならば夫婦仲良く過ごす事ぐらいだったと思います。

☆・・*・・*・・*・・☆

ルナルナでは少しでも皆さまの健康で幸せな毎日のお手伝いができれば幸いです。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
voice_8_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします