yoga

【PMS(落ち込み)解消に効果的なヨガポーズ】猫と牛のポーズ

ヨガインストラクターの仁平美香先生に、PMSの中でも“落ち込み”の解消に有効なヨガのポーズを教えていただきました!
今回教えてくださったのは、「猫と牛のポーズ」です。

猫と牛のポーズ

Step.1 四つんばいになる
手足をマットに垂直にして四つんばいになります。
腕が逆“く”の字になると、腕にきちんと力が伝わらないので、ひじを少し内側に曲げるようにするのがポイント。

s5_yoga_1

 

s5_yoga_2

 

Step.2 息を吸いながらみぞおちを下へ
鼻で息を吸いながら、みぞおち(おへその3~4本分上)をマットに近づけるイメージで、背中をゆっくりそらせます。目線は斜め上に。

s5_yoga_3

 

Step.3 息を吐きながらみぞおちを上へ
鼻で息を吐きながら、みぞおち(おへその指3~4本分上)が天井から吊られているようなイメージで、背中をゆっくり上へ曲げます。
目線はおへその方向。

s5_yoga_4

 

 

★仁平先生からのコメント★

腕に力みがあったり、肩がこったりしていると、胸が開きづらくなります。胸が閉じていると、呼吸も浅くなって、気分がふさぎがちに。
猫と牛のポーズは、上半身のこりや緊張をときほぐして、力みのない腕の使い方がわかるようになるワーク。
空気を体いっぱいに取り込めるので、PMSによってくよくよしている人だけでなく、イライラしている人にもおすすめです。

 

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
yoga

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします