いい恋ができるのは「頑張らない」から

好きな人ができたら、少しでもいい自分を見せて、振り向いてほしい!と、がんばってしまうもの。でも、長い目で見て「素敵な恋愛」にするには、「頑張らないこと」がすごく大切で、幸せへの近道だったりもするんです。

■頑張ることで、よさが半減してしまう!?

頑張る恋愛のデメリットは、「こんな私を好きになってほしい!」というまっすぐな思いが、「彼から見て理想的な私にならなくちゃ!」に変わってしまうこと。好きな人によく見られたいと思う気持ち自体は、不自然なことではありません。
でも、つい頑張って、彼に合わそうと無理をしたり、我慢をしすぎていませんか?
例えば、彼の考えにすべて合わせて行動すること。たしかに、考え方や行動が「同じだから」恋に発展するケースもありますが、「違うから」こそ刺激や魅力を感じて恋に落ちるケースは、みなさんが思う以上に多いのです。
恋愛は、それぞれの個性を感じ惹かれ合ってこそ、素敵な形に形成されていくもの。ありのままの自分をお互いに知って、認めあったり、時には譲歩しあったりすることで、そのふたりだけの、深い愛情が生まれるのです。本来であれば、そのままで好きになってもらえる自分がいるにもかかわらず、頑張ることで自身の良さを、抑えているかもしれないのです。

■好かれたいなら、楽しんでいる自分を見せるのが一番!

でも、彼を振り向かせたいし、頑張らないっていうのも…。と感じるかも。
確かに、「そのままの魅力」があっても、それをうまく伝える工夫があったほうが、恋はスムーズに進むかもしれません。
そんなあなたに意識してほしいのが、「あ、この子と一緒にいると楽しそうだな」と思われる存在になること。そのために頑張るべきことは、彼に合わせることではなく、自分自身が楽しむことです。
著者がホステスとして銀座に勤めていた頃、「お客さんを捕まえたいなら、自分が楽しむのが一番よ」と教えられ、それを忠実に実行していました。ふたりの人間が話しているとき、片方がめちゃくちゃ楽しいときには、片方も楽しいもの。
片方が気を使えば、片方もそれ相応の気を使うもの。ですので、なにをしていいかわからないというのであれば、この方法が一番手っ取り早いのです。
好きな人に合わせて自分を変えたり、好かれようと頑張ったりせず、まずは、自分が楽しいと思えることを大切にしてみてください。そして、その楽しさを素直に出すこと。とてもシンプルな方法ですが、必ず、あなたが思っている以上の効果を発揮してくれますよ。

■おわりに

「好きな人に、魅力的だと思われたい!」これは、誰しもが思うことですし、無意識のうちに自身を取り繕ってしまうこともあることでしょう。
でも、頑張る恋愛で、自分の魅力を見失ってしまっては本末転倒。頑張ることによって自分が楽しめない環境にあるのであれば、その頑張りは意味をなしません。みなさんもこれを機に、頑張らないことを頑張ってみてはいかがでしょう?(織留有沙/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします