意外なタイミングで手を繋いでこそドキッとする

デートの中でする最大のボディタッチといえば、ほとんどの場合は「手を繋ぐ」で決まりではないでしょうか。

ですがそれも、あまり月並みなやり方では、せっかくのドキドキ効果が十分にあげられないかもしれません。

手を繋ぐタイミングをいつもとはズラして、最大限にその威力を発揮できるようにしましょう。

1.最初より、途中で

「集合して『では行こーかー』ってタイミングよりも、デート始まってしばらく経って、普通にふたりで歩いてるタイミングでさりげなく手をぶつけられて、暗に『手を繋ごうよ』ってアピられるのはドキドキする」(大学生/20才)
ひとつは、「手、繋ぐんかーい!」という意外性。
あと、最初からなら、わりと勢いで手を繋いだりできますけど、デートが始まって途中から繋ぐって、すごく意識しちゃって逆にハードル高いんですよね。
それは相手も同じで、途中で「手繋ごうよ」と言われると変にドキドキしてしまう。その意味深さですね、もうひとつのドキドキ要素は。

2.お店の中で?

「室内がドキドキすると思う。レストランで座りながら、テーブルの下で手を繋いだりとかしてます」(トレーナー/23才)
「外より中」という声もわりと多かったです(変な意味じゃなく……)。
まあ、手を繋いでデートをするカップルも、なんとなーく室内に入った途端に手をほどく人は多いんじゃないでしょうか。
家の中で手を繋いでる人って少ないですしね(笑)。
だから、たまにするあえての室内手繋ぎが効いてくるのかもしれませんね。
「俺たちこんなとこでも手を繋いじゃってるのかよ!」と認識することで、なんだかドキドキしてしまいそうですよね。

3.怖い!

「コワモテお兄ちゃんたちが接近してきたときにサッて手を繋がれると、なんか頼られてる気がして嬉しくなるんだよね。今まで一回しかないけど」(大学生/18才)
いつもみたいな、「ラブラブだから手をつなぐおー」みたいなのじゃなく、とっさに守ってもらおうとして繋いでるところが、なんか良くないですか?
心の底では、実は超信頼してる感じが出ていて。
コワモテ兄ちゃんがずんずん接近してなくても、人混みがすごくてはぐれそうになったりしたときに手を繋ぐのでもよさそうですね。

4.お別れ……

「全然今まで手を繋いでなかったのに、いざバイバイが近づいたところで急に繋ぎ始めたりしたら、すごくかわいいと思う」(ウェブ系/25才)
「帰りたくないよ」の気持ちの表れですね。「寂しいけど、頑張ってバイバイするために好きな人パワーを充電してます」ともとれるし、「もっと一緒にいていい?」ともとれる。
彼はずいぶんと解釈に悩んでしまいそうですが、かわいすぎることには間違いなさそうです。

おわりに

今度のデートは、集合からバイバイまでずっと単調に手を繋ぐのより、ここぞというときに彼の手をパッととってみる、そんなニューエイジの手繋ぎを開拓してみてはいかがでしょう。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします