モテテクは関係なし!?ちょっとしたマナーが「また会いたい女性」を作る

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。男はヴィジュアルだけで、次に会う会わないを決めるわけではありません。そこまで意識してないかもしれませんが、どこかで「年齢に対して中身がある、内面が良いか」を判断しているんです。

例えば喋り方がギャルっぽくても、年齢的にOKな場合と、この年齢ならダメでしょう、なんて内心思っています。逆もあって、こんなに若いのに、この丁寧で奥ゆかしい感じはグッとくるとか。

とくに男は、「彼女が世間から見てどうか」をけっこう気にしますから、人に紹介して恥ずかしくない子、というのに惹かれます。だから、こういう「年齢」というみんなにある具体的な数値を基準に、その人間性を見ようとする。男は初対面、で女子のこんな言動を見ています。

1.基本中の基本

これは、ほんと癖になってる人も多いので気をつけてください。会話しているときのスマホの扱い。僕が知る限り10人6人は、自分の手元に出しっぱなしです。初対面でテーブルの上にケータイをおいたままで相手と会話していると、さすがに感じ悪いです。
だって、「私、あなたと話してるけど途中でケータイ見ますよ」っていうことですから。あなたが一目置かれたいなら、スマホはカバンから出さないこと。もし仕事で電話が来るかも、とかなら、「すみません、職場から電話くるかもなので」と添えてもいいでしょう。
どうしても気になる場合は、途中でトイレにいくときに持っていってチェックするくらいの配慮はしてくださいね。何回も会う仲になれば、問題ないですけど。

2.ご馳走になったとき

初対面でも男性からご馳走になることはあります。その時、最初からご馳走になる気マンマンの態度はやめてくださいね。(心の中でご馳走になると思っていても・・)まして会計時に、一人サクサクとお店の外に出るとか、絶対NGですよ。
この瞬間、男からしたらナシです。ここは演技でもレジで財布を出すフリをして、「ご馳走様でした。」と丁寧に言うべきです。さらに一目置かれるポイントは「次回は、私におごらせてくださいね。」と、嘘でも謙虚に言うとポイント高いです。男は次回あなたにおごってもらおうなんて思っていません。どちらかというと、次回会える口実ができた喜びのほうが大きいです。

3.すぐ聞かない 

初対面で会って早々に、「会社どこですか?」唐突に聞いたりする人がいます。これも男からするとナシです。なんか必死観満載で正直怖いです。まずは「どんなお仕事されてるんですか?」くらいのスロースタートで入っていけばいいんですけど、いっきにトップギアで「会社どこ?」はこの子「肩書き重視の女」じゃないかと心証悪いです。
一目置かれるポイントは、彼の会社名(ブランド)に興味をもつんじゃなく彼の仕事内容に興味をもって話を聞くということです。

4.遠慮しない

男性からの「何食べたい?」と聞かれたら、あなたはなんと答えますか?男が嫌なのが、遠慮し過ぎて自分の意志の無い「何でもいいよ」です。もし、ここであなたが一目置かれたいなら、遠慮せず具体的な意志を伝えてください。「お肉がいい」とか「お魚がいい」とかそれくらいグルーピングで十分です。
別に部位や料理名までは求めてませんから。それでも難しいという人は、「○○以外ならなんでもいい」と言いましょう。その答えだけでも、男としてはNGなものを提案してしまうことがなくなりますから、楽になります。

最後に

あなたが、リピートされる女性になるためには、まずリピートされる前段階の「初対面」で、NG言動を避けることです。僕のコラムを参考に、少しずつでもいいので研究を重ねていきましょう。一目置かれるということは、何事も地道な努力が必要といことですね。(TETUYA/ライター)
(ハウコレ編集部)
後藤真由子/モデル)
(gaku/カメラマン)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします