痩せれば愛されるの?男性に聞いた「デブとぽっちゃりの決定的な違い」

こんにちは、コラムニストの愛子です。

「彼氏が欲しいから」「彼に好きでい続けてほしいから」そんなふうに「愛されるためには痩せなくちゃ」と、ダイエットに励んでいる女性は多いのではないでしょうか。「ぽっちゃりは好きだけどデブは嫌い」と言う男性、多いですものね。

でも私は色んな男性のお話を伺っていて気付いたのです。

男性がふくよかな女性を見たときにデブだと思うか、ぽっちゃりだと感じるかは、体型ではなく他のポイントによって分かれるのではないか、ということに。

そこで今回は、そんなことに気付かせてくれた男性意見をご紹介します。ぜひこれを読んで、ありのままのあなたで愛されちゃってください♡

1.抱きたいと思うか、思わないか

「抱きたいと思えば、どんな体型でも俺にとってはデブではなくぽっちゃりです。どういう女性をそう思うのかは本能的なものなので説明のしようがありませんが」(27歳/音楽)
これは体型や性別問わず、恋をした全ての人に関わる問題だと思います。人の好みはそれぞれなので、抱きたい、抱かれたいと思ってもらえるかなんて、どんな人でもわかりませんよね。痩せていればいいわけでも、ぽっちゃりしていればいいわけでもなく、好きになった相手の好み次第なので、何とも言えません。
だからこそ、体型だけに囚われるのはもったいないと思うのです。確かにスタイルメイクも1つの方法ではあると思いますが、それが全てではないのです。今の自分を最大限に輝かせる方法を探し、好きな彼に自分の良いところをたくさん知ってもらう工夫をするといいのではないでしょうか。

2.客観視できているか、いないか

「自分の体型に合う服を着て、似合うメイクをしている子は少々ぽっちゃりしていても可愛く見えます。スリムな人しか似合わないようなファッションをしていると、客観視できていない感じがして残念に見えますね」(28歳/貿易)
どんな体型の人にも言えることだと思います。客観視できていないと、自分の良さを引き出すことはできませんよね。客観的に自分を見て、どんな服やメイク、髪型が似合うのか、ぜひ研究してみてください。そうすれば痩せなくても十分魅力的だと、誰よりまずあなた自身が思えるかもしれません。
人の特徴って見せ方次第で欠点にも長所にもなり得ると思うのです。「恋愛対象外のデブ」だと思われてしまうのか、「ぽっちゃりしていて可愛い」と思われるのかは、あなたの見せ方にかかっているのではないでしょうか。

3.女性本人が自分のことを好きか、嫌いか

「自分のことが好きな人は輝いて見えるので、ぽっちゃりだって感じます。本人が自分を嫌っていると、デブに見える気がします。でも傲慢な自信家は、態度と同じで体もデカく見えますけどね」(29歳/金融)
自意識過剰や傲慢さは人を不快にしますが、「いいところも悪いところもひっくるめて自分が大好き」という愛着は、自分だけでなく一緒にいる人も幸せな気持ちにすると思います。
そしてそんな女性は、やせ型であろうとぽっちゃりであろうと、魅力的に見えるのではないでしょうか。人の印象を左右するのは、体型よりセルフイメージなのかも。誰かに好きになってもらいたいなら、まずはあなた自身が、ありのままのあなたを愛してあげてください。

4.オシャレしているか、諦めているか

「『どうせ私は太っているから』と諦めていると、本当にデブに見えてしまいます。自分の良さを活かしてオシャレしている女性は、可愛いなと思います」(24歳/美容師)
女性は、前向きな気持ちで「可愛くなろう」と決めた瞬間から輝き始めるのだと思います。デブとぽっちゃりの境界線は魅力的な女性になろうとするか、しないかなのかも。「何をしてもムダ」なんて思わず、オシャレをして女性であることを思い切り楽しんでいれば、きっと人の目にも魅力的に映るはずです。

おわりに

もしあなた自身が痩せたいと思うのなら、理想のスタイルを目指すのは素敵なことだと思います。でもだからといって、今の自分を嫌いになったり、ダメだって思う必要はありません。
今のあなたをさらに磨くと考えれば、ダイエットが全てではなく、もっと別の方法こそが、魅力に繋がるかもしれません。自信を持ってあなたらしく輝いていれば、そんなあなたに惹かれる男性が必ず現れるはずですよ♡ (愛子/ライター)
(ハウコレ編集部)
(ササキミウ @M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします