あまくて素敵な恋は「頼る」と「甘える」を知ることから

彼氏は、一番身近で頼りにできる存在。友達や親も、もちろん頼りになりますが、彼氏はまた特別だったりしますよね。でも、ときにはそれが、彼氏にとって負担になる「甘え」になっている可能性も!?「頼る」と「甘える」って、どう違うのでしょう?

●彼氏は、とっても大きな支えになる!

「彼がいてよかった」と思えるのは、どんなときでしょう?キスをしたり、抱きしめてもらったり、一緒に楽しく笑いあえたり。なかでも、困ったときや不安なときに、頼れたり支えになってくれたりすると、「いてくれてよかった」と思えるものですよね。
でも、頼りにしているつもりが、実は甘えているとしたら…、彼に余計な負担をかけてしまっているかもしれません。長続きの秘訣は、バランスの取れた関係。どんなときに、「甘え」になるのでしょう?

●「決められないとき」は甘えているとき

なにかを迷っていたり、挑戦したり、勇気を出して変化させてみるときなど、「決断」はさまざまなシーンで求められます。彼に意見を求めていたり、相談したり、必要な情報を与えてもらうことは、彼を頼りにしている証拠。彼もきっと喜んで相談に乗ってくれることでしょう。
でも、最終的に決めてくれるのも「彼」だとしたら、それはどうでしょう?
自分ではない誰かに決めてもらえば、もし失敗したときも、自分で背負い込むことを回避できるのでは?楽に諦められるのでは?という考えになっているなら要注意。
彼にとっては、大事な彼女の悩み。きっと真剣に考えて決めてくれることでしょう。
でも、その分、ダメだったときの心の負担を、彼に背負わせているかもしれません。
また、なんでも言いなりになる「自分がないからっぽな人」と思われることにもなるかも。決断をすべて彼にゆだねるのはただの逃げで、彼にすべてを押し付けているだけではないでしょうか。

●自分を愛せないのも甘え?

「こんな自分でいいの?」「彼と釣り合っているのかな…」と、自信がなくなることってありませんか?こんなふうに、自分に自信を失ってしまうとき。
彼から「愛してるよ」「一番大切な人だよ」と言ってもうことで自分の価値を見いだしているのなら、甘えの可能性大!
たしかに、彼はあなたを大切にしてくれますし、優しい言葉もかけてくれます。でも、自分で立とうとしないと、ずっと彼は、あなたに肩を貸して歩くことになります。それって、本当にいいあり方なのでしょうか?もしそんな傾向があるのであれば、少し気をつけておいたほうがいいかもしれません。

●自分を振り返って、彼も支えてあげて!

なにかを自分で決めたり、自分自身を愛したりすることは、ステキな人生を歩むために欠かせない大切なポイント。辛いとき、苦しいとき、不安なときもありますが、彼に甘え過ぎていないか、いま一度振り返ってみましょう。
そのためには、強さを身に着ける必要がありますが、その強さは、彼との仲をよりいい形にしてくれます。支えてもらうばかりでなく、彼を支えてあげることができれば、さらにいい関係を築いていけることでしょう。

●おわりに

カップルでいる間には、いろいろな変化もありますし、悩みや苦しみ、トラブルもあることでしょう。彼を頼りに、支えにすることで乗り越えられることもありますが、長くいい関係を築いていきたいなら、自立することも大切なポイントです。みなさんもこれを機に、自分を振り返ってみませんか?(織留有沙/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします