Vol.1 男が語る生理について

僕はこれから過去の自分に手紙を書きたいと思う。

そしてこの手紙はあの頃なにも知らなかった過去の自分だけではなく、僕と同じ轍を踏まないように今を悩む男性諸君に宛てる気持ちでも書いています。

このことが必ず役に立つ時がきます。読んでおいて決して損にはなりなせん。

 

 

20歳の頃、それまで交際経験があまりなかった僕は初めて付き合った彼女の扱い方が分からずに困っていた。

最初のうちは楽しかったけど、一緒に過ごす時間が長くなると、彼女が時々わけもなく不機嫌になったり、夜中に不安な気持ちに襲われていたり、急に泣き出したり、彼女の感情が日々、目まぐるしく変化してそれについていけなくなった。

 

27歳で嫁と出会うまでに何人かの女性と付き合ったりしました。

でもやっぱりどの彼女も一か月に一回くらいとんでもなく感情の浮き沈みのある時期があって、それに僕は振り回され続けました。

夜中に「今すぐ会いに来て!」と言われればすぐに自転車で駆けつけて

「あなたがいなくなると思うと不安で眠れない」と言われれば一晩中背中をさすってやり「わたしと仕事どっちが大切なの?」と聞かれれば君に決まっているじゃないかと諭したものでした。

その時々で僕はベストを尽くしたと思う。

 

しかし内心こんなことも思っていました。

「いやいや、こんな夜中に呼ばれても、もう電車動いてないし明日も早朝から仕事なのですけどぉおおおお!」

「いやいや、あなたのことが好きで付き合っているのになんで急にいなくなると思った?そのわけを聞かせてよ、マジで!」

「わたしと仕事どっちが大切なのって、もし僕が「君だよー」って言いながら仕事休んだら逆に不安になりませんか?」

 

こんな彼女の浮き沈みも年に数回なら許せる。でもこれが結構な頻度で来るのです。

 

【女心は秋の空】 なんてことわざがある位に女性の感情はコロコロと変わる。そのことを色んな女性と付き合っていくうちに自然と学びました。でも僕はそのことを学びはしたけど、本当の意味で理解してはいなかった。
一応は荒れる彼女を「まあまあまあ」となだめてはいましたけど、やっぱりこうも思っていました。

 

「理由や原因があるならまだわかる、でもわけもなく不安になったりする、そしてそのたびになぜ僕は振り回されなければいけないのだ!しかも夜中に!とっても寝たいのに!」

 

僕は普段から気分が落ち込んだり、暗い気持ちになることがない人間なので、急に落ち込む女性のことが理解できなかった。

男は理論的に考えたい生き物ですから【原因→過程→結果】で検証したくなるんですよね。

 

そして僕は出会いと別れを繰り返し27歳の時に嫁と運命的な出会いをして、付き合ってまもなく赤ちゃんを授かり、そして結婚することになりました。

しかし、【めでたし!めでたし!】

とはなりませんでした。

ここからが僕の人生第二章~ハードモード~の始まりです。

 

出産からしばらくして、嫁が月に一度、一週間くらいめちゃくちゃに荒れる時期がありました。

嫁は普段から怒ると超絶怖いのですが、その一週間は【火の七日間】と言われ(僕が勝手に言っているだけですが)彼女の通り過ぎた後には草木も生えないといわれるほど荒れっぷりでした。

このままでは命が危ないと思った僕は嫁に恐る恐る聞きました。

 

「なぜ、そんなに怒っているのですか?」

 

嫁はブチ切れながらこう言いました。

 

「生理前なんだよ!」

 

女性が今までこんなにもハッキリと自分が不機嫌な理由を教えてくれたことはありませんでした。

そういった意味では嫁には感謝している。

頭をハンマーで殴られたような衝撃でした。

そして僕がいままで理解できなかった、女性の感情がコロコロと変わる理由を完全に理解したのです。

 

「全部、生理のせいだ!」

そうかこういうことだったのか、20歳の頃からずっとわからなかった、女性の突発的な感情発作は。

【月経前症候群 ※略してPMS】(僕は生理前イライラ症候群と呼んでいました)が原因だということを知りました。

 

今までなんでこんな重要なことを誰も教えてくれなかったのだろうか?

義務教育の段階で保健体育の授業で積極的に教えてもいいくらいの超重要課題だと思うんですけど!

『生理中は体が辛くなる』これはわかる、わかりやすい。だって血がいっぱい出るんだもん貧血とかになるっていうのは想像もつきやすい。

でも『生理前にホルモンのバランスが乱れて感情のコントロールが出来なくなるので、心が荒れやすくなる』って教えてくれないと絶対に男はわからないですよね?

 

だから僕は20歳のまだ世界のことを何も知らずに戦場に出ようとしていた自分に向かって手紙を書いている。(あとこれを読んでいる今を生きる悩める若者たちにも)

 

女性の生理周期や女性ホルモンについての知識がないままに男女交際をしようなんて無謀!無茶!無鉄砲!まずは敵を知ることが重要。

女性に関するそれらの知識を持っておくだけでこれからの人生は勝ち戦!(のようものだと思う)

 

女性からすればこんなに男が「生理!生理!生理!」と声高に叫んでいると、「男に何がわかるんだよ!」と言いたくなる気持ちが出てくると思います。

いちばんに大変なのは女性。

これはわかっています。

でも男が女性の体のメカニズムや、月経周期の大変さにもっと理解があれば、今月も日本各地で起こっている悲劇、【生理破局】(統計は出てないけど相当な数のカップルの別れの原因)を少しでも減らせるんじゃないだろうか、と考えている。

僕もあの時この知識さえあったら、違う未来もあったのかな、、、なんて思ったりもする。

 

なのでこれを読んだ人は他の人にも教えてあげて欲しい。

「生理中も大変だけど、生理前は細心の注意と優しさと気配りで乗り切れ!」

僕はこの先の未来を生きる君達にバトンを渡しました、後は頼みました、、、健闘を祈る!

 

【次回予告!!】
生理前だけじゃない!女性ホルモンは一ヶ月の間に様々な変化をもたらしています!
そのすべてが分かればパートナーとの関係が絶対に良くなります!

~1か月に4回性格が変わる女の子との付き合い方~

この記事のキュレーター

ツイッター(@meer_kato)で可愛くも恐ろしい嫁との結婚生活ついて呟いていたら、いつのまにかフォローが12万人になっていました。ツイートが原作の漫画も発売されてます。

嫁と2人の息子の4人家族。

家族、夫婦、子育てをテーマにコラムの執筆などをしています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします