損してますよ!「男友達から恋愛に発展できる人・できない人」その違い

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

「男女の友情は成立するか」と言ったテーマがよく話題になりますが、そもそも、男友達から恋愛に発展できる人とできない人、2つの種族がいます。

ここで言う男友達とは単なる知り合いレベルではなく、昔から良くお互いを知ってるレベルの深い友達のこと。僕の意見としては、男友達から恋愛に発展させることは大アリで、はなから男友達を恋愛対象外と思っているひとは、なんてもったいないことをしているんだろうと思ってしまいます(笑)。今回は、男友達から恋愛に発展できる人できない人の理由もひもときながら書いてみたいと思います。

「私は男友達を恋愛対象に見れない」という人、その理由

まずは男友達を恋愛対象者として見れないと感じている人の、その理由を整理してみましょう。まずは、あまりに近い存在になりすぎて生理的にうけつけられない。例えば幼馴染とかって家族に近くって男女の関係を考えるのが気持ち悪い、のような感じでしょう。もちろん、幼馴染ほどでなくとも、距離感が近すぎて異性として見られない、いまさら自分も「女の顔」なんて恥ずかしくて見せられない、というパターンはあるでしょう。
次に、もしつきあって別れたりなんかしたら、気まずいし、その他の共通の友達に会わせる顔がない。長く友達関係であるからこそ、彼と自分自身ではなく、コミュニティ全体のことを考えてそう判断する人も。最後に、過去の男関係を知られ過ぎててイヤ。反対に、自分が相手の過去の女関係を知っているからイヤになりそう、というのもあるでしょう。ここらへんが、「男友達と恋愛はムリ」派の意見のようです。

「私は男友達との恋もアリ」という人、その理由

では、「男友達との恋もアリ」派の意見もまとめてみましょう。まずは、長年知ってるから安心感がある。例えば対局にあるマッチングアプリでの出会いなんかだと、その人の素性は「本当かどうかわからない」ものも多いですが、そういう不安がないのは、確かにメリットですよね。また、初対面の人だと、お互いに猫かぶったりするけど、友達だと背伸びしなくて自然体でいられるから、という声も。恋愛はどうしても「相手にもっと好きになってほしい」という気持ちが生まれるものなので、そのために自分を偽ってしまいがち。結果として疲れてしまったり、無理が続かずギャップを感じてしまったりというマイナス面を、友達関係があった二人なら感じにくい、という点には納得です。また、こういった「既に悪いところも良いところも知っている」ことを踏まえて、付き合ってから結婚までの道のりが最短で進められそう、という見方もありました。

向いてる人はデメリット以上にメリットに目を向けられる人

「男友達との恋愛はナシ」派の理由も、「アリ」派の理由も、どちらも正しいでしょう。つまり、「男友達との恋愛」のデメリットを気にして「ナシ」とするか、メリットをとって「アリ」とするかなんですね。そう考えると、男友達から恋愛に発展できる人は「デメリット以上にメリットを感じられる人」。確かにデメリットもありますが、そこをポジティブに考えられるかどうか?ということなんですが、男友達も含めて男性のサンプル数が増えると思えば、それ自体が大きなメリットになるので、シャットアウトする必要なんてない、と考えるべきでしょう。
とはいえここまで言っても、極度の心配性の人、ネガティブ思考の人は男友達を恋愛対象者として見ることは難しいかもしれませんね。

そもそも「友達」というグルーピングを考え直そう!

心配性な人、ネガ思考の強い人は無理といいましたが、僕もそんな人を簡単に手放しませんよ(笑)。心配性な人はもっと大胆に発想を変えてみましょう。
例えば、思いきって男友達を作らない、現在の男友達との縁を切るという大胆な発想とか?だいたい女友達がいれば事足りるんです。それくらい思い切った考えのほうが、心配性な人の気持ちも整理がつくはず。「男友達」というグルーピングのしばりがあるから、恋愛対象者として見れないんだと僕は思います。全てはあなたの思い込みかも。男友達と考えず、「恋愛対象としてどうか?」を考えてみる。それで「違うな」と思った人だけを「男友達」認定すれば良いのです。それまでの過ごした時間に関係なく、あくまで「男友達的な出会いをした恋愛対象」と考えてみてはいかがでしょうか。

おわりに 

男友達の定義も人それぞれ。どこまでを男友達と呼ぶか?人によっては、それってただの知り合いじゃないの?と思う人も。今回は深い信頼関係を築いている友達のこと。ただ何回も言うようですが、少しでも限られた時間の中で恋愛する確率をあげたいなら、男友達も恋愛対象として見れるよう、自分の頭の中を切り替えてみてください。意外とすぐ近くに、運命の人がいるのかもしれませんよ。(TETUYA/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします