彼氏はいるけど、幸せを感じられない…「いい恋愛」ができない女子の傾向

ちゃんと彼氏がいたり、恋愛はしているものの、なんだかいまいち幸せな気持ちにはなれない。

そういった場合は、実はあまり「いい恋愛」ができていない可能性も高いのかもしれません。

そこで今回は、「いい恋愛」ができない女子の傾向について紹介します。

■「寂しさ」を埋めたいだけ

彼氏がいない状況を「ひとりぼっちで寂しい」と強く感じてしまうような女性は、その寂しさを埋めるためだけに彼氏を作ったりもしがち。でも、本気で好きで付き合ったわけではないので、ちょっとしたことで相手が嫌になってくる。もちろん、愛される喜びなんかも小さいでしょう。
また、別れた直後など、寂しくてつらいと感じているときには、ちょっとやさしくされただけでもグラッとくるかもしれませんが、そういう女性をあえて狙ってくるような危険な男性だっているので、一時の感情だけで付き合ってしまうのは後悔する結果になりやすいですよ。

■「言いたいこと」が言えない

彼氏のことが大好きであればあるほど、「嫌われたくない」という気持ちもどんどん強くなっていくもの。でも、嫌われないようにと、自分の言いたいこともほぼ言わないままでいると、ただただ我慢ばかりの恋愛になってしまうでしょう。
ちゃんとお互いの意見や考えを尊重し合えてこそ、対等の恋愛ができている幸せなふたりであると言えます。我慢をせずに言いたいことを言ってみて、それを全く受け入れてくれないような彼氏だったら、どちらにせよ付き合っていてもいい方向へは進まないはずですよ。

■「あら探し」ばかりをする

欠点のひとつもない完璧な人間などいないので、付き合っていれば彼氏の嫌なところが多少は見えてきたりもするでしょう。でも、自分から彼氏のダメな部分をあら探しするようなことは、やはりするべきではありません。
悪いところを細かく挙げ出したらキリがないですし、そんなことをしているうちにあなたの愛情も冷めていくだけ。「彼をもっと素敵にしたい!」というつもりであっても、です。どうしても直してほしい部分はもちろん伝えた方がいいですが、まずはいい部分に目を向ける思考にしないと、誰と付き合っても「ここがダメ、ここが足りない」と、幸せは感じられませんよ。

■「恋愛が全て」になっている

「恋愛が全て」になってしまい、何よりも恋愛が大事という状態になると、彼氏からはかなり重荷に思われるはず。あなたの思いとは裏腹に彼氏の気持ちはどんどん離れていくことになるかも。
恋愛だけではなく、仕事や趣味など、ちゃんと他にも打ち込むものを持っている女性のことを、男性は魅力的だと感じます。そこに気づくことができれば、彼氏のあなたへの愛情度も大きくなるでしょうから、幸せ度だってアップすることでしょう。

おわりに

彼氏ができさえすれば、必ずしも幸せになれるというわけでもありません。お互いに尊重し合えるような「いい恋愛」ができないと、付き合っていることが苦痛になることだってあり得ますよ。 (山田周平/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします