「いい女」なんか演じるな!彼に振り回されないために心得たい3つのこと

こんにちは、美佳です。
毎回のように付き合う相手に振り回されてしまう…という女子もいるでしょう。
好きだからこそでしょうが、振り回されるのって時間経過とともにすごく疲れますよね……。
そこで今回は、彼に振り回されないために心得るべきことをお話ししたいと思います。

■無理に「いい女」を演じようとしなくていい

彼に毎回のように振り回されてしまう、という女子の中には 彼に「いい女」と思ってもらいたくて、彼に変に尽くしてしまったり、彼の理不尽なわがまますら受け入れてしまう人もいるでしょう。
けど、それこそが彼があなたを振り回す原因。変に尽くせば尽くすほど、理不尽なわがままを許せば許すほど、彼はどんどんつけ上がります。
結果、あなたが振り回され苦しくなるのです。
彼に振られたくないのか「私が我慢すればいいことだから」と、自分の意見や主張を我慢する自己犠牲精神の女子もいるでしょうが、自己犠牲精神で付き合っているから、振り回された感覚になってしまうのです。
振り回されたくないのなら、変に「いい女」を演じようとせず、多少彼の反感をかってもいいので自分の意見や主張はすべきです。

■感情が高ぶっている時に何かを決断しない

意見や主張をすれば、時には彼と衝突することもあるでしょう。しかし!彼の納得できない意見や主張に黙って嫌々従うくらいなら、言い合い上等です。
とはいえ、そういう時って感情が高ぶってますよね?
そんな時に何かを決断するのは危険です。感情が高ぶっている時は、勢いに任せて極端な決断をしてしまうこともあります。けど、多くの場合 後で冷静になった時に後悔するのです。
言い合いのような感情が高ぶりやすい時、主導権を握っているのは冷静な方。なので、彼の方が冷静なら、あなたが振り回されたような感覚になるのはしょうがないのです。

■疑問点や違和感が残るのなら見て見ぬ振りせず、納得いくまで説明してもらう

平和主義の人からしたら、なるべく言い合いはしたくないもの。けど、彼に対し疑問や違和感、例えば 彼に浮気まがいなことをされたとか、何か嘘をついている感じがするとかなら、見て見ぬ振りをせず納得いくまで説明してもらうべきです。
『突っ込んで彼とケンカになるの嫌だしなぁ…』と、見て見ぬ振りをするとずっと心に不満や不安が残り、彼の一挙一動が気になってしょうがなくなります。結果 彼に振り回された状態になるのです。
振り回されたくないのなら、納得いくまで説明してもらいましょう。
不利になると黙り込む卑怯な男子もいますが、それをみすみす見逃すと、何かあるたびに彼は黙り込んで逃げますよ。
彼と良好な関係を築く上で、許すことは大事なのですが、見逃して許すではなく、納得いく説明を受けてから許しましょうね。でないと、自由奔放の彼にあなたがとことん疲弊しますよ。

■終わりに

彼に振り回されないためには、変に我慢しないことです。自分の本音をしっかり彼に伝える、というのを忘れないでください。(美佳/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします