心に染みるー。男子の乾いた日常を潤すのは、女子の手書きのメッセージ

男子はなぜだか、女子の手書きの文字が好きです。
あんまり上手じゃなくても「まるっこくてかわいい」と言ってもらえますし、逆に達筆であれば「育ちがよさそう」「性格に芯が通ってそう」「誠実そう」「かっこいい」なんて評価されます。

「手書き」って、いいんですよね。ですが最近では男子も女子も、手書きのメッセージを異性に見せる機会みたいなのがめっきり減ってしまっています。昔はクラスの気になる男子や彼氏とかに、手書きのお手紙を渡したりしたんですけどね(おばさんではない)。

スマホでのコミュニケーションが当たり前になった今でも、その気になってみれば、手書きのメッセージを男子に送ることができる場面って実は意外とある。ということで、今日はその中からいくつかご紹介したいと思います。

1.「ありがとう」をあえて手書きに

「クラスの子が、なんかものを貸したりして、それを返してくれるときに『ありがとう』ってメモを挟んでくれてたりして、そういうのはいちいちドキドキするからやめてほしい」(大学生/22才)
口頭で直接「ありがとう」と言うのももちろん素敵ですが、あえて彼がいないタイミングで席に置いておいたりして、実は一言メモが入ってる。
直接言われるのもそれはそれで嬉しいですが、なんか、こういうふうに手書きのメモでこっそり伝えられると、逆にドキッとしてしまいますよね。「心のこもったメッセージ感」がすごくて、いつまでも大切にとっておきたくなっちゃいそうです。

2.メールより、ふせんで

「同僚の子が、社内連絡をたまにメールじゃなくてふせんでやってきて、そういうのっていい差別化だと思う。他の男子が同じことされてないかどうかめっちゃチェックする(笑)」(商社/25才)
メールのほうが楽だしノンストレスだし、まあ、どうでもいい人にはメール一択でしょうね。
いくら職場がおんなじでも。だけど、絶対にメールでいいところを、あえてふせんで書いて、それを彼の机にペタッと貼る。「これお願いします」みたいな単なる事務連絡も、メールだと味気なくて少し冷たい印象すら与えてしまうけど、ふせんなら、ちょっとだけ心がこもっていて、なんか温かみのありますよね。オフィスワーカーのみなさん、ふせんは社内でオフィシャルに使える「お手紙」なんですよ?

3.LINEだって、たまには手書きで

「彼女の誕生日を祝った後に彼女からLINEが来て、見たら画像で、なんか手書きで書いてくれた手紙を写メで撮ってくれて送ってくれた。ジーンと来た」(コンサル/25才)
これはナイスアイデアですね。手紙の気持ちがこもった感じと、LINEのインスタントさのいいとこ取りで、すごく素敵です。
手紙だと、「手紙!!!!」って感じで、いざ書いてみても渡そうとするのにすごく勇気が必要で、それがまた手紙を使って気持ちを伝えることを難しくしてしまっているんですけど、LINEで手紙を写メって送るだけなら、なんかいい意味で勢いで「えいや!」と送れてしまいます。

おわりに

手書きメッセージのいいところは、いつまでも形に残るところ。それから、ただ形に残るという点ではLINEやメールと同じだけど圧倒的に気持ちが込められるところ。
たまには、好きな人への気持ちを自分の書いた文字で伝えるというのも、素敵なんじゃないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)
兼島彩香/モデル)
お多福/カメラマン)
上杉光美/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします