秋色ワントーンメイクで旬顔に

人気継続中のワントーンメイクはもはや定番スタイルの域に!季節に合わせたカラーを選んで即、旬顔の完成!

ワントーンメイクとは、メイクアップにカラーを多用せず、アイ・チーク・リップのカラーを一つのトーンでまとめたもののことです。

色が散らからないので失敗する確率が低いうえ、ナチュラルなヌケ感でオシャレ上級者の雰囲気を醸し出せるというメリットもあります。

この秋にワントーンメイクをするならば、秋色を感じさせるオレンジ・ベージュ・ボルドーなんていかがでしょう。

アイライン・アイブロウ・アイラッシュでしっかり黒や茶を利かせると、きりっと引き締まった印象を出しながらワントーンのニュアンス力を出すことができますよ。

オレンジ系ワントーンメイク

夏色の明るいオレンジではなく、少しくすんだ渋め深めのオレンジ(果物の柿のような色)を選ぶと秋っぽくなります。

目の上のアイホールにはアイシャドウを大胆に発色させ、黒か茶のアイラインをしっかり引きましょう。モーヴ系のグリーンのアイシャドウ(柿の葉のような色)をアイラインとして活用してもオシャレです。

オレンジのリップ(セミマットがおススメ)を唇に乗せたら、ポンポンと指でたたいて輪郭をぼかして馴染ませましょう。くっきりしたリップラインや、グロスのような濡れ感は、季節違いや古臭さの原因になるので要注意です。

ベージュ系ワントーンメイク

肌に馴染みやすく上品に仕上がるベージュ系メイクですが、色の主張が小さい分、誤魔化しが利きません。丁寧に仕上げなければ、老けた印象・手抜きの印象・疲れた印象などを与えてしまうのです。

ベージュ系ワントーンメイクのポイントは光の陰影です。シェードやハイライトで肌の陰影をつくり、立体的に仕上げるのです。鼻筋や目の下にはハイライトを、顔の輪郭や頬の下の方にはシェードを入れて、メリハリをしっかりつくりましょう。

また、ベージュ系のリップは色浮きしない馴染みやすい色なので、マット系・セミマット系・グロス系のどれを使ってもマッチします。ただし、より季節感を出したいならば、マット系・セミマット系の質感がおススメです。

ボルドー系ワントーンメイク

秋になると必ずトレンドとなるボルドーは、しっとりとした季節を象徴する魅力的な色です。

しかし、アイメイクにボルドーの赤味を大胆に使うと、腫れぼったい印象になってしまいます。ボルドー色のアイシャドウは、アイラインとして横一線に入れると良いでしょう。(加えて、黒か茶のアイラインで睫毛の隙間を埋めることも大切ですね)

ボルドーのリップ(セミマットがおススメ)を唇に乗せたら、ポンポンと指でたたいて輪郭をぼかして馴染ませましょう。

ボルドーは主張が強い色なので、チークにボルドー系を入れると舞台化粧のようになってしまいます。ボルドーのワントーンメイクの際は、チークは敢えてオフすることで、全体のバランスをシャープにまとめるのがコツです。

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします