豊かな「まつ毛」を叶えるためのちょっとした習慣

より多く、より長い「まつ毛」で印象的なニュアンス目元になるために…やるべきこと、やってはならないこと

「目は口ほどに物を言う」という諺の通り、目元は顔の印象を決める大切な部位です。そんな目の上でフサフサと動く「まつ毛」は、女性らしい目元を強く印象づけるために必要な、目の表情を司ると言っても過言ではないパーツでしょう。

長く豊かなまつ毛が揺れる目元の持ち主は、底知れないエレガンスや何とも言えないアンニュイさを醸し出し、多くの異性を虜にするはずです。

そんな大切なパーツである「まつ毛」は、とても繊細です。何気ない日常のちょっとした行動で、切れたり、抜けたり、痩せたり、ハリやコシが失われたりと、ダメージを受けやすい場所でもあるのです。

そんな「まつ毛」を毛量・長さ・ハリ・コシ共に美しく健康に保ったり、育てたりするためには、いったいどうしたら良いのでしょうか。

…そこで、豊かな「まつ毛」を叶えるための、ちょっとした6つの習慣をお伝えしましょう。

1:まつ毛美容液を朝晩塗る

基本的なケアとして徹底して欲しいのが「まつ毛美容液」をしっかり塗るということです。化粧水や美容液は毎日使っていても、「まつ毛」ケアまで習慣化できている人は、まだまだ多くはないようです。

ダメージを受けやすい「まつ毛」には、しっかりこまめに栄養を与えて、養生させてあげる必要があるのです。

化粧水や美容液と同じところに「まつ毛美容液」を置いて、朝晩上下の「まつ毛」とその根本(生え際)に、しっかり塗り込むことを習慣化しましょう。

2:まぶたの血行を良くする

どんなに「まつ毛」に栄養を与えても、その畑である「まぶた」が健康でなければ、豊かな「まつ毛」は育ちません。まぶたの血行を良くすることは、リンパ液の滞りを無くし、熱を上げ、まつ毛が育ちやすい環境を作ってくれます。

ホットアイマスクで目を温めたり、目を上下左右に動かしたり、アイクリームを塗りながら上下のまぶたをマッサージするなどし、まぶたの血行促進に努めるようにしましょう。

3:たんぱく質を積極的に摂取する

「まつ毛」の主成分は、毛髪と同じく「たんぱく質」です。材料がなければ何も作れないのと同じく、たんぱく質が不足をしいていると、良い「まつ毛」は育ちません。肉・魚・大豆製品・乳製品などを積極的に摂取するようにしましょう。

4:アイメイクはしっかり落としきる

アイシャドウやマスカラなどをしっかり落としていなければ、当然ながら「まつ毛」や「まぶた」に負担がかかってしまいます。特にしっかりメイクの日は、目元用の専用リムーバーを使って、丁寧にこすらず落とすようにしましょう。

5:目をこすらない

メイク落としや洗顔で、お顔をゴシゴシ洗ってはいませんか。ついついクセで目元を掻いたりこすったりしてはいませんか。「まつ毛」や「まぶた」は非常に繊細です。摩擦ダメージを受けるとすぐに痛んでしまい、まつ毛が抜けたり、切れたり、コシを失ったりする原因になるので、しっかり注意しておくことが大切です。

6:ビューラーのゴムをこまめに変える

「まつ毛」を美しくカールするためのビューラーも、使い方が間違っていると目元に悪影響を与えます。特にビューラーと「まつ毛」との接地面であるゴムが使い古されていると、「まつ毛」に大きな負担がかかってしまいます。ビューラーのゴムはこまめに取り換えるようにしましょう。また、ビューラーの使用頻度が高い人は低くなるように努め、1日1回程度に留めるようにしてください。

「まつ毛」の美と健康を意識し、ちょっとした習慣を重ねていけば、どんな「まつ毛」もしっかり豊かに育ちます。なぜなら「まつ毛」は毛周期によってどんどん生まれ変わっているのですから。あなたも今日から気にかけてみては。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします