トレンドカラーで旬の装い 2018AW

ファッションにトレンドカラーを取り入れて、さらりと簡単!最旬モード

いくら旬のファッションアイテムだからといって、ちょっと変わったパターンや柄ばかりを取り入れていると、とたんに「モード過多浮き」してしまいます。

しかし、いつものパターンの服飾アイテムの色をトレンドカラーに変えるだけのコーディネートなら、こなれた印象でさらりと旬の装いをすることができるでしょう。

今シーズン2018AWのトレンドカラーは大きく2つの方向性があります。それは、上品な紺・パープル・青などによる「寒色系キレイ目カラー」と、少しくすんだ赤茶・テラコッタ・マスタード・茶色などによる「暖色系ベイクドカラー」です。

上品で鮮やかなキレイ目ブルー

寒色系キレイ目カラーの最注目色が、誰が着ても品よくまとまるブルーです。トップスだけ、小物だけなどの部分コーデはもちろん、ワンピースやコートや上下ブルー×ブルーの全身ブルー系コーデでも、鮮やかなのに品よくまとまるのが特長です。

こなれ感を出せるキレイ目パープル

はっきりとした鮮やかな青みがかったパープル(薄いパープルではありません)が10数年ぶりにブーム再燃しています。コーディネートのコツはボトムスにパープルをコーディネートすること。ロングスカートなどにパープルを取り入れると、肌の色にかかわらず、誰もがパープルを着こなすことができるでしょう。

赤茶系のベイクドメイプル・ベイクドテラコッタ

明るめの存在感がある色も、くすんだベイクドトーンならば抵抗なく着ることができるでしょう。中でも今シーズンはベイクドメイプルやベイクドテラコッタなど、赤茶系のカラーがトレンド席巻中です。アウターでもインナーでもトップスでもボトムスでもマッチするカラーですが、暖色系同系色のアイテムは1つのみにして、シックな黒やカーキなど、落ち着いた色と合わせることがポイントです。

黄色系のベイクドマスタード・ベイクドイエロー

マスタードのような少し暗さのあるイエローは、秋冬の空気感にぴったりな、なんとなくレトロなイメージを演出できます。ニットやワンピースやロングスカートはもちろん、帽子やバッグやストールなどの小物で取り入れてもグッド。こちらも暖色系同系色のアイテムは1つのみにして、シックな黒やカーキなど、落ち着いた色と合わせることがポイントです。

あなたもトレンドカラーを取り入れて、さらりとこなれた旬のコーディネートを楽しんでみては。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします