歯磨きタイムの複式呼吸習慣

歯磨きタイムなど日常習慣に腹式呼吸を取り入れ、太りにくい体を手に入れよう

日に何度か訪れる歯磨きタイムは、腹式呼吸を意識する絶好のチャンスです。腹式呼吸を習慣化することで、基礎代謝アップやウエストシェイプにアプローチができます。

実際【T&S Beauty編集部】にも「歯磨きタイムの腹式呼吸習慣」を取り入れている美容女子が多数おり、「洋服のサイズを保つことに役立っている」「太りにくくなった」などという声が聞こえてきます。

腹式呼吸には、「腹式呼吸」と「逆腹式呼吸」という2つの方法があります。主に腹式呼吸では大胸筋が鍛えられ、逆腹式呼吸では腹圧が鍛えられます。

大胸筋は大きな筋肉部位ですので、ここが発達すると、基礎代謝量が如実にアップします。また、腹圧が上がると横隔膜が下がって内臓が動くスペースが確保され、血行促進につながり、基礎代謝量が確実にアップします。

基礎代謝量が増えるということは、太りにくい体になるということですね。

「腹式呼吸」の方法

腹式呼吸とは、息を吸ったらお腹が膨らみ、息を吐いたらお腹が凹む呼吸法です。

まず、お腹の中の空気を吐ききってしまいます。そして、下腹部(丹田=おへそから5センチほど下あたり)を意識し、そこに空気を溜めるイメージで鼻から息を吸いながらお腹を膨らませます。そして、お腹の空気が無くなるまで、しっかりと鼻から息を吐きます。

1回の呼吸に30秒~60秒ほどは時間をかけ、ゆっくり丁寧に行いましょう。

腹式呼吸では、大胸筋を鍛えることができます。大胸筋の鍛錬は、基礎代謝量アップにつながります。

「逆腹式呼吸」の方法

逆腹式呼吸とは、息を吸ったらお腹が凹み、息を吐いたらお腹が膨らむ呼吸法です。

まず、鼻から息を思いっきり吸い、お腹を凹ませます。そして、下腹部(丹田=おへそから5センチほど下あたり)を意識し、しっかりと鼻から息を吐きます。

1回の呼吸に30秒~60秒ほどは時間をかけ、ゆっくり丁寧に行いましょう。

逆腹式呼吸では、腹圧を鍛えることができます。腹圧の鍛錬は、血行促進や基礎代謝量アップにつながります。

歯磨きタイムに腹式呼吸を習慣化しよう

腹式呼吸は、生活のいたるところで習慣的に行うことが理想的ですが、どうしてもついつい忘れてしまいがちです。

そこで腹式呼吸ケアの習慣化におススメなのが「歯磨きタイム」です。なぜなら、毎日定期的に3回程度の機会が訪れ、多くのケースで真っすぐ立っており、歯磨きをしているので口呼吸ができないため、理想的な鼻呼吸での腹式呼吸を叶えることができるからです。

歯磨きタイムの腹式呼吸を習慣化すれば、鍛錬のための特別な時間を作らなくても、いつの間にか「太りにくい体」に近づくことができるでしょう。

あなたも今日から始めてみては。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします