いつまでも男性に「かわいい」と思われる女子が絶対にやらないこと

こんにちは。沙木貴咲です。「かわいい」という単語は、20歳前後の女子だけに向けられるものではありません。
アラサーだろうと、アラフォーだろうと、かわいい女性はかわいいのです。

また、男性からそう思われる人には、共通している特徴があります。女子ならやりがちなアレを絶対にやらないんです。

かわいい女性は「マウンティング」しない

マウンティングは、年齢を重ねるにつれてわかりやすく言動にあらわれてきます。20代後半から30代半ばは特に、変なプライドが高くなって、意地を張りやすくなるはず。
でも、年を重ねてもかわいい女性はマウンティングしません。
自分が他人と比べてどのレベルに属するのか、上なのか下なのかということに、そもそも興味がないのでしょう。
あるいは、そういう感覚を持つことが愚かだということを、すでに悟っているのかもしれません。
同僚や女友達に見下されても、ニコニコしながら「すごいね」と受け流し、張り合うことをしないんです。

女性がマウンティングする理由は「自己肯定感」が関わっている

マウンティングをするアラサー女子は、若さでは勝てない年下女子に自分の社会経験の豊富さを見せつけたり、早々に結婚を決めた友人には、過剰に独身の気楽さをアピールしたりするはず。
「もう若くない」「本当は結婚したい」という気持ちが強くなり、いやでも他人と自分を比較してしまう年齢だからこそ、みじめな思いをしないために自らを強く見せたがるのです。
でも、それはつまり、何が何でも自分を正当化させたい証拠。
「本当は私、自分がもう若くないとわかっている」「もしかしたら、このまま結婚できないかもしれない」という恐れをつねに抱いていることになります。
そんな本音を直視したくなくて、周りを自分より下に見ることで安心しようとするのでしょう。
ただ、男性の目に、女性同士のマウンティングは醜く映ります。マウンティングに勝ったからといってモテるわけではなく、むしろ嫌われてしまうはず。
そんな中でマウンティングに興味のない女性は、男性にピュアな印象を与えます。「いいな」「かわいい」と思われるのは当然かもしれません。

かわいい女性は「自分は自分」と割り切れている

マウンティングをしない女性は、自分が何歳であっても、周りが結婚しようが独身だろうが、ほとんど気にしません。
そもそも他人との比較をしないし、何が何でも自分を正当化させたいとも思っていません。
だからこそマウンティングに興味がないといえるんですが、それは揺るぎない自信を持っていることが理由。
「他人がどうあれ、私は私」という強い気持ちがあるので、周りを見下す必要がないんです。
また、そうした自信のもとになるのは、自分を絶対的に愛してくれる人がいるという「安心感」。彼氏や家族など、強い信頼で結ばれる存在がいると自己肯定感が高まります。
そんな状態でいられれば、自分を無理やり正当化する必要がありません。
つまり、年齢を重ねても「かわいい」と思われる女性は、愛され上手なんです。心が愛で満たされていれば、マウンティングをしなくても自分を強く保っていられるでしょう。
逆を言うと、ブレない自分があるからマウンティングしないし、男性からも好意的に見られる……ということなのです。

「かわいい人」は強さが魅力!

強気な態度を見せる人は意外に弱く、それほど強そうに見えない人ほど芯が強かったり折れにくかったりするものです。
「私は私。他人は他人」と割り切り、誰にも影響されない女性は、マウンティングが必要ない強い人。ことさらアピールしなくても、自信は魅力としてにじみ出るでしょう。
男性は、そうした内側から現れる魅力をちゃんと見ています。他人との比較や勝ちにこだわることがなく、ニュートラルに自分を確立させられる女性に、男性はやっぱり惹かれるものなのです。(沙木貴咲/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings

Sorry. No data so far.