本音は言う?言わない?離れられない「長続きカップル」でいるために必要なこと

こんにちは。沙木貴咲です。彼氏に対して、「いいよいいよ」と、何でも許してしまう女子は少なくないかもしれません。本当はイヤと思っても、嫌われたくなくてガマンするケースは多々あるでしょう。

でも、それが続けばストレスは溜まるばかり。やっぱり言いたいことは素直に言ったほうがいいのか?「恋が長続きする方法」を軸に、考えてみます。

我慢し続ける限り、長続きカップルにはなれない…?

彼氏との間に、関係が壊れそうな波風は立てたくないものです。でも、ずっと一緒にいたいからといって、「いいよいいよ」と我慢を続けてもつらくなるだけ。
ある日突然、「もう無理」と限界が訪れて、自分から別れを告げたくなるかもしれません。大好きなはずなのに彼氏が憎くなったり、心が疲れたりして、許し受け入れることができなくなってしまうのです。
何に対しても「いいよいいよ」と言いがちな人は、たとえ納得して受け入れたつもりでも、実際には「イヤだけどガマンできる」が本音だったりします。そして、自分がガマンしていることに、そもそも気づかないことが多いのです。
そうすると、無意識のうちにストレスを溜めて、自分でも気づかないうちに彼のことを嫌いになっていくでしょう。恋愛を長続きさせたいと思っても、これでは本末転倒です。

「いいよ」と許さないポイントを知る

我慢し続けて限界を迎えないために、以下の状態に陥りそうなときは、たとえ恋人であろうと我慢しないようにしましょう。
1.愛情のパワーバランスが偏り、自分だけが与える状態になっている時
2.生きる上での信念(ポリシー)を侵されている時
ただ、1は彼の愛を実感できず、ちゃんと愛してほしくて機嫌をうかがうために陥っているケースも多いです。自分からすすんで下手に出ているなら、彼にアレコレ意見することはできないでしょう。
こういう場合、「自分が与える側、彼が受け取る側に完全に分かれてしまうと、遅かれ早かれ恋は終わる」と思ってください。自分だけが一方的にしてあげている関係は、もはや恋人関係じゃありません。
彼氏の好きを引き出すテクと、何でも許してガマンすることは違うのです。
たとえ、ムリして受け入れることがあっても、それをきっかけに彼から愛されていると実感できればOK。できないなら、それ以上は「いいよ」と許さなくていいんです。
彼のご機嫌取りをするのはやめて、彼が自分と真剣に交際する気があるのかを探る必要があります。

デートの遅刻やLINEの既読スルーは受け入れよう

イヤだと思うことがあれば可能な限り言えばいいのですが、あまり神経質になるのも考えもの。なかには「スルーしたほうがいい」というポイントもあります。
・LINEの既読スルー
・デートに遅刻する
・食事代の割り勘……など
気になるならサクッと軽く注意するだけにして、クドクドと説教じみた話はしないこと。特にLINEの既読スルーは、彼氏の仕事の都合や交友関係も絡むので、口出ししすぎるとかえって嫌われるでしょう。

無理はしない。自分の考えや価値観を押し付けない

結局のところ、恋愛は持ちつ持たれつで長続きします。
単なるガマンは、自分のメンタルをすり減らすだけで恋の寿命を縮めるはず。そして、「言いたいことは言ったほうがいい」と思いすぎても、自分のワガママを押し付けることになってしまいます。
言うか言わないかの線引きは難しいかもしれませんが、たとえ失敗しても試行錯誤を続けてみてください。頭で考えるだけではわからないし、試してみて気づくこともあるでしょう。
「いいよいいよ」と言いがちな女性は、許してしまった後で「やっぱりイヤ」と気づいても後に引けないと思っているはず。
そんなことありません。
「いいよと言ったけど、やっぱりイヤだった。今さらごめんね」と、気づいた時点で素直に言えばいいのです。
それすら言えない恋人関係は、そもそも長続きしないでしょう。男女はいろいろな摩擦を経験することで、「ずっと一緒にいたい」とお互いを愛おしく思えるようになるはずです。(沙木貴咲/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします