ちふれのピンクネイルが可愛い♡ダイソーネイルシールをプラスして大人ハーバリウムネイル

プチプラコスメでも有名な、ちふれのピンクがとっても可愛い♡偏光パールが効いて表面が赤っぽい感じになったり、角度によってかわるので、ついつい自分の爪に見とれてしまうような素敵カラーです!今回は、そんなちふれのカラーとダイソーの新作ネイルシールを使った、大人のハーバリウムネイルをご紹介します♪

使ったモノ

ちふれネイル 143
ダイソー ネイルシール ボタニカル
・キャンドゥ バロックパール シャンパンパステル

ネイルレシピ

少しシアーなちふれのこのピンク。
オフィスネイルにも使える肌なじみの良いカラーです。
一度塗りだとこんな感じです。

少し透け感を感じていただけますでしょうか?
二度塗りするともう少し濃く発色します。
お好みで重ねてください。

一度塗りと二度塗りの差はこんな感じです。

全部の指を二度塗りでワンカラーに仕上げます。シールを貼るのでしっかりと乾かしてください。

肌の色によっては、一度塗りのほうがいい方もいますし、好みですが、割と色が違ってきますので、試してみてくださいね!

そして、偏光パールはこのように見えます。

ほんのわずかに見えるので、本当に綺麗なのです。この綺麗な偏光パールの赤っぽいカラーをしっかり出したくて、今回は二度塗りにしております。

一度塗りだと少しわかりづらいので、目立たないほうがいいならば、一度塗りのほうがよりナチュラルに見えるかもしれません。

では、しっかり二度塗りして乾かした状態からシールを貼っていきます。

端っこからバランス見て貼っていきます。シール自体は薄くしなやかなので、重ねて貼ることも可能です。

様子を見つつ三ヶ所置いて、少しずつ足していくイメージです。

親指と薬指に花を総柄にしていきます。

爪の大きさによって、柄と柄の間もバランスを見てみましょう。

中指は爪の根元にだけシールを貼ります。
この柄がちょうどカーブパーツのように曲がっているので使ってみましょう!

人差し指、小指にはバロックパールを乗せます。

バロックパールはいろんな形や色になっているので、お花の色に近いものを選んで乗せることで、全体の色のバランスも取れてきますよ!

このシールは裏面が白くなっておらず、少し透けているので、今回のような薄い色味ならば、まだ花の色がわかりやすいです。
裏面が白くないシールは、ベースカラーが暗めだと花の柄も濃くなり、一体化する可能性もあります。

ですが、この透け感があるからこそ、ハーバリウムっぽさも出るかわいいシールなので、できるだけ薄い淡いカラーで使用するととっても可愛くできると思います!

ぜひ試してみてくださいね!

「#フラワーネイル」の記事をもっと見る

執筆者:きゃの

michillの記事をもっと読む

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

michill(ミチル)は、経験豊富な女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、

役に立つコツ、知識や知恵、ここでしか見れないオトクな情報を提案するライフスタイルメディアです。

公式サイトはこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします