簡単&時短で春ネイル♡カジュアルコーデに合うナチュラルフラワーネイルデザイン

世代や季節を問わないフラワーネイル。カジュアルにもゴージャスにも変化させることができます。近年流行のカジュアルテイストファッションには、きらびやかな華やかフラワーよりも、さりげないナチュラルなデザインがオススメ。今回のネイルはパーツを乗せていくだけなので、簡単にかつ時短でできるフラワーネイルです。

使用するもの

・ポリッシュ3~4本
・クラッシュシェル
・ネイル用ワイヤー
・丸スタッズ
・リーフスタッズ
・ブリオン 等

カジュアルシェルフラワーネイル 使用カラー

左から
・ウィンマックスアッシュベージュ
・キャンメイクカラフルネイルズ103レディカーキ
・エスポルールネイル13ライトグレー
・ATネイルグリッター04

これらのパーツを使用していきます。

ネイル用ワイヤーは今回ゴールドですが、お好みでシルバーでも。クラッシュシェルもお好きなカラーをご利用下さい。

クラッシュシェルとは本物の貝殻を非常に細かく砕いて作られたものです。

このカラーMIXタイプのクラッシュシェルはキャンドゥで購入しました。形がいびつな点を利用して、お花の花びらに見立てていきます。

画像のように、ワイヤーは爪と比べると大変細いことが伝わるかと思います。マニキュアでも埋め込める、ハサミで簡単にカットできるものになります。

手芸ワイヤーの細いタイプより更に繊細になりますので、できればネイル用を使うことをオススメします。

カジュアルシェルフラワーネイル 手順

① ベースコートを塗った爪に、ライトグレーのネイルカラーを塗ります。

② シェルは1度小皿等に出した方が使いやすいかと思います。”ストーンキャッチャー”という細かいパーツを簡単に拾えるダイソー商品を使用しています。

③ 三角のようなシェルを花びらにみたて、爪に置いていきます。トップコートを糊の代わりにしてください。

④ 5枚置くとお花のようになりました。

⑤ 真ん中にゴールドのブリオンを置いて花心に見立てます。

⑥ 茎の部分になるワイヤーを乗せます。

⑦ お好みで、葉っぱのようにリーフスタッズを配置しトップコートで覆ったら完成です。

こちらは中指部分です。

ベースコートを塗りシアーカーキを塗った爪に、丸いパーツを乗せてきます。

イメージはつぼみであったり、木の実のような感じです。

こちらもトップコートを糊の代わりにしています。お花同様、ワイヤーで茎に見立てました。

親指やアッシュベージュをベースカラーに、先端にゴールドのラメを散らしてアクセントに。

“薄めのシェル破片を選ぶ”こと、”ネイルカラーをアース系に統一する”こととワイヤーの先端をしっかり埋め込む点に気をつければ、簡単にサロン風ネイルの出来上がりです。

気軽に試してみて頂きたいです。

「#フラワーネイル」の記事をもっと見る

執筆者:ayako.r

michillの記事をもっと読む

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

michill(ミチル)は、経験豊富な女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、

役に立つコツ、知識や知恵、ここでしか見れないオトクな情報を提案するライフスタイルメディアです。

公式サイトはこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします