そのグロスの塗り方NGです!残念リップから卒業!好印象リップメイクのコツ

WEBメディアで活動中の美容ライター須田夏美です。リップグロスといえば、うるんとした可愛い唇をつくることのできるアイテムですよね。ですが油断するとなんだか脂っこいものを食べた後のようなコテコテの仕上がりになってしまうことも…。今回はそんなリップグロスの上手な使い方をお伝えします!

グロスを使いこなして上品美人へ♡

そのグロス、コッテリ唇になっていませんか?

うるうるとした可愛い唇に仕上がり、どこか儚げな印象をつくることのできるリップグロス。
女性なら上手に取り入れたいアイテムですが、使いこなせていますか?

可愛いけれど、なんだかベタベタした仕上がりになってしまう…、コッテリ唇でいやらしい…なんて感じたことがある人も多いかもしれませんね。

上手に使えばツヤのある唇はもちろん、ぷっくりと立体的にも仕上げられるリップグロス。
せっかくなら大人っぽく上品に仕上げる方法をマスターして、上手に活用してみましょう!

自然に仕上がる塗り方のポイント

リップグロスは、透明のものやラメ入りのもの、1本でリップメイクを仕上げることやニュアンスチェンジもできる色つきのものなど、選択肢も多いですよね。

ですがどのリップグロスを使うにしても、付けすぎるとコテコテの唇になってしまい、悪目立ちしてあまりいい印象を与えません。
そんな残念リップにならないためのポイントを見ていきましょう!

①適量を真ん中から塗る

リップグロスを塗るときは、適量をチップに取り、唇の真ん中から塗るようにします。
真ん中にリップグロスを乗せたら、外側に向かって伸ばすイメージで広げていきましょう。

このとき、全体に均等に広げるのではなく、真ん中は少し厚め・外側は薄く広げる、とイメージすると、自然な立体感をつくることができます。

②リップブラシを上手に活用する

リップグロスを付属のチップで上手に伸ばせないという場合は、リップブラシを使ってみましょう。

リップブラシを使うとグロスが唇に密着し、唇の端などの細かい部分も塗りやすくなるので、より立体的な唇に仕上げることができます。

③塗ったあとは指先で軽くなじませる

口紅を塗ったあと、落ちにくくより自然な仕上がりにするために、指先でポンポンとなじませますよね。
これをぜひグロスでもやってみてください。

グロスが落ちてしまうほどおさえる必要はありませんが、指先でなじませることで、より唇に密着し、ナチュラルな口もとに仕上がります。

物足りない程度でOK!グロスを使って垢抜けた美人に!

ぷるぷるの唇が簡単に手に入り、デートや女子会で差をつけたい時にも大活躍のリップグロス。
ついつい塗りすぎてしまいますが、基本的には少し物足りないなというくらいがベストと覚えておきましょう。

もしもご紹介した塗り方で、やっぱりもの足りない…と思った場合には、唇の真ん中に少しプラスしてあげるくらいでOK!
それだけでもしっかりと立体感がつくれます。

脂がのったようなコテコテのリップは卒業して、春に向けて上品で大人可愛いリップメイクを意識してみてください。
グロスの塗り方を意識するだけでも、ガラッと垢抜けた表情に変化しますよ!

「#メイク術」の記事をもっと見る

執筆者:須田夏美

michillの記事をもっと読む

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

michill(ミチル)は、経験豊富な女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、

役に立つコツ、知識や知恵、ここでしか見れないオトクな情報を提案するライフスタイルメディアです。

公式サイトはこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします