パフvsメイクブラシvsスポンジ。ツール次第でメイクの仕上がりはここまで変わる!

今回メイクの中でも土台となる部分を左右する、フェイスパウダーの仕上げ方をお伝えします。

ツールで変わる!?ベースメイクを仕上げるフェイスパウダーの使い方

リキッドファンデーションやクリームファンデーションの仕上げとして使うフェイスパウダー

ルースタイプやプレストタイプなど、その種類でも肌の仕上がりは変わりますが、実はそれを付けるツールでも仕上がりはまったく違うものなります。

いつも付属のパフを使っているだけ!なんていう人は、ツールを見直してみるだけでも、手持ちのフェイスパウダーひとつで何パターンものメイクを楽しめるようになることも。

今回はそんなツール別に仕上がる印象を知って、今よりもなりたい肌へと近づきましょう!

なりたい印象に合わせて使うツールはこれ!

①パフ

フェイスパウダーにすでにセットされていることも多いパフ。ふわふわしたタイプのものや、表面がなめらかなタイプのものなどさまざまですが、パフはなめらかな方が、よりマット肌に、柔らかいものはよりふんわり肌に仕上がります。

パフは小鼻などの細かい部分も丁寧に仕上げられ、まんべんなくパウダーを付けられるのがメリット。パフを折り曲げて細かい部分まで付けるようにしましょう。

②ブラシ

ブラシを使ってパウダーを付けると、よりふんわりとしたナチュラルな肌に仕上がります。つけ心地も軽いので、パウダーで粉っぽくなるのが苦手という人にもオススメのツール。

また、パウダーは磨けば磨くほどにツヤが出るので、全体にパウダーを付けた後、ブラシをくるくると回すように磨いていくと、よりツヤのある肌へと仕上がります。

パフで全体にパウダーを付けた後に、余分な粉を落とすようにブラシで磨くのもオススメです。

③スポンジ

付属のパフよりも、密度の高いスポンジで仕上げていくと、よりマットな肌に仕上がり、きちんとした印象を与えることができます。

特に弾力のあるラテックス素材でできたスポンジはオススメ。肌にしっかりと密着させることができるので、ぜひ試してみてください。

フェイスパウダーを選ぶときにも仕上がりを意識してみて

さらに、フェイスパウダーを選ぶときにも、好みの仕上がりは選ぶことができます。

サラサラとした粉状のルースパウダーは、使うとよりナチュラルでふんわりとした仕上がりに、しっかりと固められた固形のプレストパウダーは、しっかと肌に密着しマットな肌に仕上がります。

また、マットに仕上がるタイプやパールが配合されていて肌にのせるだけでもツヤ感が出るもの、透明感のある肌に仕上がるルーセントタイプやカバー力のある不透明タイプのものなど、形状・質感・色などでも仕上がりはさまざまです。

まずはなりたい印象に合わせてアイテムを選びながら、さらにツールでその特性を活かしたメイクを楽しんでみてください。

きっと印象アップはもちろん、メイクの幅もグッと広がるはずですよ!

「#フェイスパウダー」の記事をもっと見る

執筆者:須田夏美

michillの記事をもっと読む

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

michill(ミチル)は、経験豊富な女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、

役に立つコツ、知識や知恵、ここでしか見れないオトクな情報を提案するライフスタイルメディアです。

公式サイトはこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします