デリケートゾーンはぬかりなく

ホリデーシーズンは恋愛ハイシーズン!デリケートゾーンをケアして自信と魅力を手に入れて

あなたはデリケートゾーンやその周りをしっかり観察したことはありますか?

…この問いに「ない」と答えたあなたは、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、ときどき鏡を使ってよ~くチェックしてみてください。

普段目に触れないからといって向き合っていなければ、自分の想像以上にトラブルを抱えてしまっているかもしれません。

大人女子がデリケートゾーンを見せたり触れさせたりするのは当然ながら愛しい異性にだけ。そこはとてもピュアでスペシャルなところです。

だからこそ丁寧にケアをしていなければ、女性としての魅力を欠き、自分に自信が持てなかったり、相手を興ざめさせてしまったりすることもあるのです。

恋愛ハイシーズンの今こそデリケートゾーンのケアを見直して、恋に臆することのない、堂々と自信に満ちた女性になりたいものですね。

1:黒ずみケアをしっかり

化繊素材の下着やサイズの合わない下着をつけていたり、生理用紙ナプキンをつけていたりすると、摩擦が生じて肌が黒ずんでしまうことがあります。

股ぐりなどの黒ずみが気になったなら、下着は綿などの自然素材にしたり、ボクサータイプのものにしたりして、摩擦を回避するような工夫をしましょう。また生理用紙ナプキンで摩擦が生じているときは、布ナプキン・月経カップ・タンポンなど、別のアイテムを使って見てもよいでしょう。

また、ホルモンバランスや食生活の乱れからメラニンが多く生成され、デリケートゾーンの粘膜が黒ずんでしまうこともあります。

この場合、良質な睡眠・食生活・運動を心がけ、規則正しい生活をしていくことで正常な身体に戻すことが大切です。また、オレンジやキウイやイチゴなど、ビタミンCが多く含まれる食材を摂ると、メラニンの生成や成長を抑えることに有用です。

2:ニオイケアをしっかり

デリケートゾーンでは尿・汗・垢・月経などの汚れが付着し、さらには下着内で蒸れが生じることで雑菌が繁殖してニオイを発しがちです。

ニオイを抑えるには、下着をこまめに取り換える、ヘアを短くまたはハイジニーナ(全剃毛)に手入れする、トイレでビデを使って洗浄するなどのケアが必要です。

しかし、しっかりケアしているつもりでも、密閉された下着の中ではどうしても限界があります。

デリケートゾーン専用の石鹸などを購入し、入浴時に指の腹を使って優しく丁寧に撫でて洗浄してください。決してゴシゴシ強く洗ってはいけません。優しく穏やかに丁寧に触れることが大切です。またその際、デリケートゾーンだけではなく、肛門までしっかり同じようにケアをするとより良いでしょう。

3:保湿ケアをしっかり

デリケートゾーンも他の肌と同じく保湿が必要です。「えっアソコにも保湿ケアが必要なの?」…と、驚かれる方も多いと思いますが、お顔の肌と同じくデリケートな肌であるデリケートゾーンは、しっかり保湿をしてトラブルを回避する必要があります。

デリケートゾーン用の保湿クリームや、刺激の少ないベビーローションなどを使って、毎日お風呂上りや着替えのときなどに、しっかり保湿をしてあげましょう。

とくにヘアのお手入れをしたときに保湿は欠かせません。カットはもちろん剃毛ならば尚更です。また、肌トラブルを根本的防ぐためにはヘアのお手入れ方法も見直さなければなりません。カットするならハサミではなく専用ヒートカッター(電気熱で焼き切る)を使う。剃毛するなら自己処理ではなくエステや美容皮膚科でしてもらい、光やレーザー脱毛で処理をするなど、肌に負担のかからない方法を選ぶことが重要です。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします