オイル美容で全身つるすべ美肌へ!

ヨーロッパのセニョリータやマダムたちから学ぶ、乾燥知らずの保湿肌を叶えるちょっとした習慣

湿度の高い日本に比べて、ヨーロッパの空気はとても乾いています。欧州旅行経験のある日本人なら体験済でしょうが、美容液やハンドクリームをいくら塗っても、どうしてもカサカサするという、肌トラブルが発生しがちです。

しかし…ヨーロッパの女性たちは、日本人旅行者のようにカサカサしていません。とてもキレイな肌をドレスや水着でしっかり露出をして、上手に女性の魅力をアピールしていますね。

これは、日本人とヨーロッパ人の体質の差でしょうか?

いいえ、違います。
私たち日本人とヨーロッパ人の差は、「オイル美容」という習慣の違いだけなのです。

「オイル美容」とは?

オイル美容とは、身体によい自然由来の美容オイルだけを厳選して使う美容法です。

オイルマッサージやオイルシャワー(お風呂から上がる前に、全身にオイルをかけてシャワーで軽く流す入浴法)のほか、これまでハンドクリーム・ボディクリームを利用してきた保湿にもオイルを使います。

美容にこだわるオシャレな人が最後にいきつく美容法は「オイル美容」と言われるほど、ヨーロッパではポピュラーかつ効果的なものとして認識されています。

オイル美容が効く理由

私たちの肌を構成する角質細胞は、その一つ一つが碁盤の目のように規則正しく並んでいて、その細胞と細胞は細胞間脂質というセメントのような役割のものでくっついています。

そのセメントのような細胞間脂質が何らかの理由(大気汚染・環境ホルモン・食生活・外気の乾燥など)で不足してしまったら、肌のキメが乱れ、どんなに高級な化粧水や美容液をたくさん塗っても肌に浸透しないのです。

オイル美容で塗ったオイルを経皮吸収させると、細胞間脂質が潤い、お肌が柔らかくなります。そうすることではじめて、化粧水や美容液が浸透するお肌が叶うのです。

オイル美容の「オイル」の選び方

オイルはできるだけ上質な自然由来のオーガニックタイプを選ぶと良いでしょう。

スクワランオイル・ココナッツオイル・オリーブオイル・アルガンオイルなど、オイル成分が単体原料に由来するものから、ボタニカルオイルなどと銘打ちされた複数原料に由来するものなど様々あり、美容用のオイルとしてコスメカウンターで販売されています。

自分の肌に合う感触と香りを頼りに、お気に入りの上質なオイルを選んでみてください。

ただし、オイルシャワーで流してしまうものなら、安価なベビーオイルでも構いません。

化粧品が効くかどうかも左右させる細胞間脂質を正常化させる「オイル美容」で、あなたも肌を根幹から輝かせてみては。

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします