ツヤツヤ美爪を叶えるためのちょっとしたコツ

手先の若さと美しさを語る美爪には、「健康」であることが欠かせません!

あなたは美爪に自信がありますか?…どんなに柔らかなスベスベ手肌をしていても、爪が美しくなければ「美しい手先」は叶いません。手指の最も先端にある爪は、手の表情を豊かに語る大切な部位なのです。

しかし…働き者の手先のおかげで、手爪はトラブルに陥りやすく、年齢も出やすいところです。二枚爪・割れ爪・縦線・ささくれ…etc.どんなにマネキュアやジェルネイルを頑張っても、地爪が健康でなければ美爪は叶いません。

爪はスクエアに切り揃える!

爪をラウンド状に切り揃えていると、どうしても二枚爪・割れ爪・周囲のささくれや逆剥けの原因となります。また、最悪の場合、巻き爪を誘発(特に足の爪)することにもなるのです。

爪は手指の肉と接触する左右を丸く切るのではなく、スクエアに切り揃えましょう。そうすることで、敏感な爪の輪郭を、摩擦刺激や外傷などから守ることができるでしょう。

美爪オイルマッサージを習慣に!

爪トラブルがおきた場合、何科を受診したら良いかご存知ですか?…答えは「皮膚科」です。…つまり爪は、皮膚の一部だということです。しかしながら、爪は骨のようなものだと勘違いしている人が多く、皮膚に対して当たり前に行っている水分や油分の補給ケアを行っている人は少ないといえるでしょう。

植物由来100%のオイル(マッサージオイルのほか、グレープシードオイル・オリーブオイルなど、食用のものでもオッケー)を利用して、1日1回は手爪全体をマッサージする習慣をつけてください。オイルを手爪に垂らして揉みこみ、水分を少し加えて手指全体に馴染ませましょう。

爪の縦線やささくれの原因の多くは乾燥です。オイルマッサージを習慣化することで、これらを防ぎ、ツヤツヤした滑らかな健康爪を手に入れることができるはずです。

白爪は2ミリは残す!

子供の頃の風紀検査の影響からか、どうしても爪を深爪気味に短く切り揃えてしまう人をしばしば見受けます。しかしこれはNG行為。皮膚から浮いている白い部分を全て切ってしまったら、皮膚と密着しているピンクの部分がどんどん短くなっていってしまうのです。また、ピンクの部分が短いと、二枚爪・巻き爪・ささくれなどの爪トラブルを誘発します。白爪は必ず2ミリ以上残して切り揃えるようにしましょう。

水仕事にはゴム手袋がマスト!

水や洗剤の刺激や、それらがもたらす乾燥は、手肌のみならず爪にも悪影響をもたらします。特に爪の縦線は、乾燥が主原因となるため注意が必要です。炊事やお風呂掃除などの水仕事の際は、必ずゴム手袋を付けるようにしましょう!

縦線がある爪は、不健康かつ老けた印象になります。どんなにマネキュアやジェルネイルで隠しても、根本的には隠れません。

爪の使い方に気を付ける!

シールを剥がすときに爪でガリガリとこすったり、クリップを開くときに爪先をはさみ入れたり、缶ジュースのプルタブを爪で開けたりと、細かい作業をするときに爪を使ってはいませんか。

爪は外的要因でダメージを受けやすく、剥げたり割けたりを繰り返してどんどん弱くなってしまいます。細かい作業は道具を使ったり、指の節を使ったりして、爪先を使わないように習慣づけましょう。

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします