ブツブツ「サメ肌」さようなら!

二の腕や太ももなどのブツブツ&カサカサ「サメ肌」をどうにかしたい!

柔らかなはずの二の腕や太ももをふと触ると…乾燥でガサガサしているうえにブツブツが…そんな経験はありませんか。それは、「サメ肌」と呼ばれる残念な肌触りの状態です。

サメ肌の主な原因は、「乾燥」「栄養不足」「古い角質」です。(古い角質がはがれ落ちずに毛穴の内側に溜まってしまう)

大好きな彼に触れられて「おや?」と興ざめされる前に、サメ肌にさよならするには、私たち大人女子は何に気を付ければよいのでしょうか。さっそくチェックしてみることにしましょう。

保湿を徹底する!

サメ肌の原因の一つは乾燥です。よく考えてみると、二の腕や太もものお肌は、お顔と同じくらい柔らかいものです。しかし、「顔と同じくらい保湿ケアをしている」と言える人がどれだけいるでしょうか。

ボディのお肌(とくに柔らかい部位)にもお顔と同じくらい保湿ケアを徹底してください。そのとき大切なポイントは、ボディローションを塗るだけでなく、その前に化粧水をたっぷり塗布してあげるということです。お肌に潤いをもたらすためには、油分より前に水分を浸透させる必要があります。サメ肌が気になる部位には、化粧水+ボディローションで徹底保湿をしてあげましょう。

摩擦を避ける服を着る!

肌の乾燥は摩擦による外的刺激からももたらされます。私たちの肌は洋服と擦れることで、知らず知らずのうちにダメージが与えられているのです。

サメ肌が気になる人は、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維を避ける服を着ることをおススメします。どうしても化学繊維の服を着るときは、肌に直接触れる箇所には綿などの自然素材の肌着を着て、その上に化学繊維の服を着るように気を付けましょう。

高温の長風呂と化学繊維のスポンジを避ける!

本来、美容と健康にメリットの多い「入浴」ですが、入り方を間違えると肌に負担がかかってしまう原因となります。

高温のお湯や長風呂(とくに入浴剤を入れない状態でのバスタブ利用)は、お肌の潤いを奪い、乾燥を招いてしまうからです。

また、化学繊維のスポンジやナイロンタオルを使って体を洗っている人は注意が必要です。化学繊維との摩擦ダメージにより乾燥を招くだけでなく、肌の表面の角質層を傷つける原因にもなるからです。

サメ肌が気になるそこのあなた!日々のちょっとした習慣でなってしまった肌トラブルは、日々のちょっとした習慣の改善で正すことができるはず。保湿を徹底して摩擦を避ける習慣で、肌の露出が少ない冬の間に「サメ肌」を徹底ケアしていきましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします