肌にハリ・ツヤ・潤い不足を感じたら…

鏡に映った自分の肌が「いつもと違うな」と感じたら、それはエイジングケアのサインです

エイジングは誰にでも平等に訪れます。しかし、エイジングケアを徹底するか否かで、肌年齢のエイジングを緩やかにすることは可能です。

乾燥が気になる冬は、エイジングケアのサインが出やすいシーズン。鏡に映ったり手指で触れたりしたお肌に違和感があったなら、それは今すぐエイジングケアを行うべきサインです。そこで、基本的かつ習慣的なエイジングのポイントを、チェックしてみることにしましょう。

基礎化粧品を見直してみる

どんなに丁寧なスキンケアを心がけても、どんなに高級な基礎化粧品を使っていても、今の自分の肌質に合っていないのであれば望む効果が得られません。肌にハリ・ツヤ・潤い不足を感じる大きな要因は、年齢肌を無視した基礎化粧品を使っているケースのことが多いのです。

「まだ若いから、エイジングケアは不要では?」なんて悠長なことを言っていると、あっという間に手遅れになることも。実年齢以上に肌年齢が老化しているケースも多々あるため、注意が必要です。(特に若い時に日焼けをしていた人は要注意!)

エイジングケアに特化したブランドラインに変えてみる、思い切ってオールインワン化粧品に切り替える(オールインワン化粧品は、エイジングケアに特化し、進化した化粧品が殆ど)、ハリ・ツヤ・潤いなど、それぞれの悩みに特化したエイジング化粧品を美容液アイクリームなどのスペシャルアイテムを加えるなど、基礎化粧品の根本的な見直しを、今すぐ行うことを強くおススメします。

保湿ケアを徹底する

エイジングケアのサインは、美肌のベースとなる保湿ケアをより徹底的にする必要があるというサインでもあります。なぜなら、ハリ肌もツヤ肌も、みずみずしく保湿された潤い肌の上にしか成り立たないからです。

肌質や肌年齢に合った化粧水をたっぷり使う、保湿パックの頻度を上げる、導入ブースターを活用する、紫外線対策をしっかりするなど、保湿ケアの徹底を行うことを強くおススメします。

生活習慣を見直してみる

エイジングケアは、化粧品だけで事足りるものではありません。今まで以上にしっかりした生活習慣を身につけ、心身に負担をかけないようにすることが大切です。

美肌に叶う食生活(タンパク質・ビタミン・ミネラル・酵素類などを積極摂取など)をする、水分をしっかり摂る、質の良い十分な睡眠(入浴後すぐに入眠・加湿器をつける・入眠前1時間はデジタルオフなど)をとる、適度な運動(毎日30分程度のウォーキングなど有酸素運動・ストレッチなどの柔軟体操・やや負荷がかかる筋肉運動など)を習慣づけるなど、生活習慣を根本的に見直して改善し、今のうちにいつまでも若々しくいるための生活の土台を築き上げることを強くおススメします。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします