紫外線対策は春こそ大事!

紫外線量が急激に増える春こそ徹底的なUVケアを

日射量の少ない秋冬に「何となく」紫外線対策をおざなりにしてしまったまま春に突入…気づけば多量の紫外線を浴びてダメージを受けていた…こんな大人女子はとても多いのではないでしょうか。

春は紫外線量が急激に増える季節です。しかも、秋冬に紫外線を浴びていないため肌のメラニン量が少なく、夏よりも紫外線ダメージを受けやすいと考えられているのが「春」という季節なのです。

シミ・ソバカスなどの原因となる「メラニン」ですが、一方で肌を紫外線から守る機能も持ち合わせています。紫外線を適量浴びることで生成されたメラニンは、実は肌を守る存在でもあったのです。

麗らかな陽射しが心地よい春、私たちはどんな紫外線対策を行っていけば良いのでしょうか。

春こそ徹底した洗顔を

春は、花粉・黄砂などの飛来物乾燥によって肌ダメージを受けやすい季節です。肌ダメージを受けた状態で紫外線を多量に浴びてしまうと、肌荒れ・アトピー・色素沈着などの原因となってしまうので、注意が必要です。

また、アレルギー物質(花粉・黄砂・PM2.5など)が肌に付いてしまっている状態で日焼け止めを塗ってしまっては、アレルギー物質を肌に刷り込んで大きな肌ダメージを受けるうえ、正常な日焼け止め効果も期待できません。

日焼け止めを塗る前に、必ず小まめな洗顔を優しく行うようにしましょう。

春こそUVA対策を

紫外線にはUVBUVAの2種類あります。浴びることで…肌を黒くしたり赤くしたりするいわゆる日焼けの原因が「UVB」で、シミ・ソバカスの原因となるメラニンを生成するのが「UVA」です。

日焼けの原因のUVBは春から夏にかけて増えていきますが、シミ・ソバカスの原因のUVAは春も夏と同程度の量が降り注いでいます。つまり、夏ほど日焼け対策をしないケースが多い春は、シミ・ソバカス発生の要注意時期だと言えるでしょう。

尚、日焼け止め剤に表示されている「SPF」とは、日焼け予防にリーチするUVBのカット率を指します。同じく「PA」とは、シミ・ソバカス予防にリーチするUVAのカット率を指します。

つまり春は、PA+++など、PAの+表示が大きな日焼け止め剤を選んで、UVA=シミ・ソバカス対策を徹底することが大切なのです。

春こそ紫外線防止グッズを

サングラス・帽子・ストール・手袋・長袖・日傘…etc.真夏には当たり前に使っている紫外線防止グッズも、春にはまだまだ使っている人が少ないように見受けます。

しかし前述の通り、春こそシミ・ソバカス対策としての紫外線防止を徹底しなければなりません。そしてそれはもちろん、日焼け防止にもリーチするでしょう。

できるだけ早い春の時期から紫外線防止グッズを用いて、小物ファッションを楽しみながら、シミ・ソバカス・日焼けをブロックする紫外線対策習慣を、心からおススメします。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

https://tsbeauty.jp

美容家・美容研究員から成るビューティーチームが贈る大人女子のための美容スマホサイト【T&S Beauty】。

小顔・美肌・美ボディを目指した効果的なメソッドを、真似するだけでセルフケアができる「スマホ動画」でご紹介すると共に、

美容研究所:社団法人ティーアンドエスビューティによる美容・ファッション・恋愛などに関わる「トピック記事」をデイリー配信中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします