男の僕だからこそ知っている「男心をくすぐる」キラーフレーズ

恋愛コラムなんかを読んでいると、「男心っていうのはこうやってくすぐるのよ」と女性が指南している文章に出会ったことがあると思います。
僕もそういう女性の書いた文章に「なるほどな」と思うこともあるのですが、こないだふと思ったんです。
「男心っていうのはこうやってくすぐるんだぜ」と男性が指南していることは少ないよな、と。
僕が普段相手にするのは女性ですが、ビジネスで関わりが多いのは、実は圧倒的に男性です。
そんな僕が、お相手の自尊心をくすぐるためによく使うキラーフレーズを、今日はこっそり教えちゃいます。
ぜひ、あなたの大好きな彼に応用して使ってあげてくださいな。

出会えたのがあなたで本当に良かったです

これは僕が「文章の師」と仰いでいる人に言った言葉です。
もちろん、変な下心などはなく、純粋にそう思っているからこそ出た言葉なのですが、これを言われた先生は「全てが報われた」ような顔をされていました(笑)。
男性は往往にして「教える」ことが好きですから、「言われたことを実践して、結果を出して、”あなたに出会えたおかげです”」なんて言われた日にゃ、天にも昇る気持ちになります。
逆のパターンで、僕が女性の仕事仲間に「出会えたのが川口さんで本当に良かったと思います」と言われた時は、「いえいえとんでもないです」と謙遜しながらも、心の中では「せやろ?」とドヤってしまう自分がいました。
このメッセージを使うときには「他の誰でもないあなた」のおかげで「こんな私になれました」というSTORYを含めて伝えると効果バツグンです。

こないだオススメしていたやつ、試してみたんです

よくあるのは「オススメの本・お店・映画」などでしょうか。
男性がふとしたときに口にした「これはオススメ」を真に受けて、とりあえず試してみる。そして感想を送る。これだけでめちゃくちゃかわいがってもらえます。
ポイントは「本人がそこまで強めにオススメしなかったもの」ほど効果が高いということです。
相手からすると「自分のさりげない言葉も漏らさずに受け止めてもらえた」というなんとも言えない充足感があります。
これは女性も嬉しいと思うのですが、男性が受ける嬉しさと若干ニュアンスが違います。
女性の嬉しさは「あの良さがわかる人がいて嬉しい〜!」ですが、男性はどちらかというと「おっ、ぬしはあれの価値がわかるのか、苦しゅうない近う寄れ」といった感覚になります。

普通の人にはできないことですよね!

これは男性が仕事の武勇伝を語っているときに、ものすごい効果を発揮するので、女性のみなさんにはぜひ覚えてほしいフレーズです。(ただそのあと、「俺語り」が加速するので、使う相手は選んでくださいね)
一見普通にできそうなことでも、「それができない人の事例」を引っ張ってきて「できるあなたはすごい」と言ってあげてください。
「いや、そこで諦めちゃう人もいるじゃないですか」「なんで〇〇さんは踏ん張れたんですか?」という応用技もオススメです。
仕事の話に限らず日常でも使えます。
例えば軽くレディーファーストしてくれた人に対して、「あ、すいません」なんて言わずに「すごい!わたしこんなことされたの初めてです!」とか「スマートな男性ってかっこいいですよね。なかなかできることじゃないと思います」なんて言ってあげるといいと思います。

男は女性にとって「頼れる・唯一無二な・初めての」存在でいたい

ベタな結論で恐縮なんですが、男性は強がっていてもどこかでは
・頼れる男
・他の男とは違う男
・最初の(一番の)男
になりたいと思っているものです。例外はほぼありません。
「俺は女性がそうやって男をたぶらかそうとしているのを知っている」と思っている男性ですら、「他の男とは違う俺」を表現したくてたまらないのですから、もはや病気です。
男ですら「男は立てたほうが(結局いろんなことがスムーズに動いて、自分にとって都合が)いい」と思うのですから、その影響力はバカにできません。
女性も力を持つようになった時代ではありますが、下手な衝突を避けたいと思う相手には、こう言った「わかりやすいセリフ」を言ってあげるのも、ひとつの処世術だと僕は思います。(川口美樹/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします