ブス眉を卒業したい人必見!ポイントは3つだけ♡美人眉のつくり方

メイクセラピストのaikoです。「眉って難しい!」「自分に合った眉がよく分からない」そんな風に思っていませんか?メイクの中で一番悩むポイントが「眉」だと答える方は多いです。ですが実はある3つのポイントを意識するだけであっという間に解決できるんです!今回は簡単に美眉になれる3つのポイントを紹介します。

美しい眉の長さ、描き始めと描き終わり

美眉のポイントは
「長さ」
「眉山の位置」
「眉尻の位置」
の3つだけなんです。

ですが、お顔のパーツバランスは人それぞれ。
「けっきょく自分に合った描き方が分からない」
という方が多い原因は、ここにあります。

眉だけを見るのではなく、お顔の骨格を基準にした描き方を知ってしまえば、もう迷うことはありませんよ。

簡単に美眉になれる法則性、まずは「眉の長さの決め方」についてです。
万人に共通する、描き始めと描き終わりの最適な位置の見分け方はこちら。

ノーズラインの延長線上を眉頭のスタート地点にします。
見失ってしまいそうなときは、ペンシルなど、いつも眉を描いているアイテムでスタート地点に「点」を打ってみるのもアリです。

次に、ゴール地点を決めていきます。
目尻よりもちょっと外側、眉頭のスタート地点よりも少し上の位置に眉尻がくるようにしましょう。

はじまりも終わりも、「目より長く描く」ことがポイントです。

眉山がポイント!黒目の外側に

美眉になれる2つ目のポイントは「眉山の位置」です。
意外かもしれませんが、眉山の位置は人よって全然違ったりします。

ここで意識してもらいたいことは
「自分の眉に騙されない」
ということです。

めちゃくちゃな話に聞こえるかもしれませんが、これが本当に大切なポイントです。

この図のように、正面を向いた時の「黒目の外側」の位置が、あなたにとって最適な眉山の位置です。
この理想の位置よりも内側に本来の眉山がある場合は、カットしてもOKです。

眉頭よりも高く眉尻をフィニッシュ

眉頭から眉山、そして眉尻と、眉全体を描いていきます。

眉頭から眉山までは、そこまで角度はつけずに、ストレート眉をイメージして描いていくとナチュラルです。
そして眉尻へと向けて描いていく時が、最後のポイントです。

眉山から、下方向へと描いていくわけですが、その時に「眉頭よりも上の位置で終わらせる」ことを意識してみてください。
眉頭よりも下に眉尻があると、「下がり眉」になってしまい、印象も運気も下がってしまうんです。

眉頭よりも必ず眉尻が高くなっていること。
これを意識してみてください。

ポイントをまとめると、
・描き始めも描き終わりも、目の幅より長く描くこと
・眉山の位置は黒目の外側、本来の眉山には騙されない
・眉尻は、必ず眉頭よりも高い位置で終わらせる

以上の3つを意識するだけで、驚くほど自分に合った美眉になれるはずです。
ぜひチャレンジしてみてください。

michillの記事をもっと読む

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

michill(ミチル)は、経験豊富な女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、

役に立つコツ、知識や知恵、ここでしか見れないオトクな情報を提案するライフスタイルメディアです。

公式サイトはこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします