【恋愛相談】「彼氏から『付き合ってよかった』って思われる方法は?」他3つ

どうもあかりです。
さて、ハウコレで不定期にお届けさせていただいている、恋愛相談記事です。
今回は、タイトルの「彼氏から『付き合ってよかった』って思われる方法は?」というご相談のほか、「好きな男性とデートをしていてもあまり会話が弾みません......。」「男性がたくさん愛情表現をしたくなる彼女って?」「『追いかけられる女性』になりたいです!」のご相談にお答えしていきたいと思います。
では早速参りましょう。

「具体的な不安があるわけじゃありませんが、男友達が彼女の悪口を言ったりしているのを聞いていると、「私も彼氏に付き合ったことを後悔されてたら嫌だな……」ってなんとなく思うことがあります。ずばり、『付き合ってよかった』って思える彼女って、どういう彼女でしょう?」(メーカー/23歳)
「付き合ってよかったって思われたい」
これはシンプルだけど、だからこそ多くの女性が願うことでしょう。ただすごく抽象的で、なかなか答えの見つけにくそうな問いではあるけれども、実際には、ある公式を覚えておくことで実現可能なものだと信じています。
その公式とは、プラスをマイナスよりも多くしてあげるというものです。

「プラスをマイナスよりも多く」って?

わかりやすい例を通じて考えてみましょう。
私自身も、周りの男友達を含む多くの男性から、彼女の愚痴みたいなものを聞くことがあります。なかにはハッキリと「こんなんだったら、付き合うんじゃなかった……」と言う声もあります。
そういう男性が具体的に愚痴っているのは、たいてい「彼女と付き合ったせいで飲み会とかに全然行けなくなった」「女のいる場所に行けなくなった。別に浮気をするつもりはないのに」といったものです。こういった「彼女と付き合って失ったもの」がマイナスです。
「好きな人と付き合えた」「彼女とデートをするのは楽しい」というのが当然「プラス」になるわけですが、単純な話しで、「付き合うことによって得られるプラスからマイナスを引き算して、最終的にプラマイプラス」になれば、男性は「彼女と付き合ってよかった」と思えるし、マイナスなら「付き合わなきゃよかった」って思うわけです。
彼氏を束縛しないというのはもちろんのこと、彼があなたと付き合う前に楽しくてやっていた遊びや趣味を、それが浮気という許せないレベルに至らない限りは、許してあげる。「会えるときは全部会おう」みたいに、間接的に彼が「彼女以外の楽しみ」を楽しむ時間を奪うようなことを言わないこと。
逆に、彼女と付き合うというプラスも得られて、しかもそれによって大きなマイナスもない。これで付き合ったことを後悔するなんてことは基本的には考えられないはずです。
これらが「プラスをマイナスよりも多くしてあげる」ために必要なことです。
「彼氏にもっともっとたくさん『好き』って言われたり、素敵なところにデートに誘われるとか嬉しいことをいっぱいしてもらいたいです。どういう彼女になったらいいですか?」(不動産/24歳)
こちらもシンプルですが、世の女性たち共通の欲求でしょう。
そのために私たちがすべきことはたった1つ、「彼を逆に感動させる」ということだけです。

「逆に感動させる」って?

「逆に感動させる」というのは、彼が自分に愛情表現をしてくれたとき、それに対する自分の反応によって、彼を逆に感動させてあげるということです。具体的な例を通じて考えてみましょう。
あなたが大好きな親友のお誕生日に親友がずっと欲しがっていたモノを贈ってあげたとしましょう。それに対する親友の反応が、
〔パターン1〕「え、すごーい。嬉しいありがとう!」と、そこそこ喜んでるけどまあ想定の範囲内だった場合
〔パターン2〕「やばい。めっちゃ嬉しい」と泣き、写真をインスタにも上げ、帰宅後も「本当にありがとう!」とLINEを送ってくれ、次会ったときにもまた「ありがとう」と言い、職場で同僚にも自慢しまくっていて、完全に想定の範囲外の喜び方をしてくれた場合
パターン1で「不十分」ということはありませんが、パターン2のような喜び方をされると、贈り物をしてあげたこちらが「逆に感動」してしまい、そして、「来年も絶対にまた何かをして喜ばせてあげよう。というか、来年はもっと喜ばせてあげよう」という気持ちになるはずです。
男性がたくさん愛情表現をしたくなる彼女になるために私たちがすべきことって、こういうことなのです。
当たり前ですが、人が誰かに何かをしてあげるとき、それがどんなに小さくて些細なことであろうと、「喜んでくれたら嬉しいな」という期待を持っています。
そして、その期待を超える反応が返ってきたとき、「逆に感動」し、「もっとしてあげたい」という気持ちに自然となる。
だから彼氏が愛情表現をしてくれたときに、「ありがとう」「私も好き」と言ってあげることはもちろん、時間を置いてまた感謝を伝えたり、人に自慢をしたり、同じ事をし返してあげたりすることによって、想定の範囲外の反応をしてあげる。
これを続けていけば、自然と彼からの愛情表現は増えていくはずです。
「デートのとき、あまり会話が弾みません。直接言われたことはありませんが、たぶん相手の男性に『この子、話しててもあんまり楽しくないな……』って思われてる気がします。どうしたらいいですか?」(大学生/22歳)
ご相談者さまと相手の男性との会話を直接聞いたことがないので、あくまで推測にはなってしまいますが、「盛り上がらない会話」には、必ずと言っていいほどある共通点が存在するものです。それは、「ブロック」です。

「ブロック」って?

相手が振ってくれた話題に対してネガティブな反応をして、そこで会話の流れを断ち切ってしまうことです。
「趣味とかあるの?」→「あんまりないんだよね~」
「嫌いな食べ物はある?」→「なんでも食べれるよー」
「週末は何をしてるの?」→「なんにもしてないかな」
「好きな男性のタイプは?」→「うーん、普通の人」
これらはどれも、「ブロック」の例です。
本人としては、単に相手の質問に対して正直に答えているだけなんだろうと思います。
しかし結果的に、そこで会話がストップしてしまっているのです。
「正直に答えればよいわけじゃない」ということを理解するところから、素敵な会話の第一歩を始めましょう。
もちろん、だからと言って嘘をつく必要なんてありません。ただ、正直に答えた結果、それが会話の流れを断ち切ってしまいそうだなと思ったときには、先回りをして、なるべく会話が弾むような一言を添えてあげましょう。
たとえば……
「趣味とかあるの?」→「あんまりないんだよね~。趣味がないのが悩み。最近は趣味見つけようと思っていろいろとなことを試してはいるんだけど」
「嫌いな食べ物はある?」→「なんでも食べれるよー。食べるのが人生で一番の楽しみだから」
「週末は何をしてるの?」→「なんにもしてないかな。起きてから部屋の掃除をして、YouTubeを観て、気付いたら夕方で、夜ご飯の買い出しに行って、それだけで一日終わっちゃうことも」
「好きな男性のタイプは?」→「うーん、普通の人。私って超絶イケメンな人とか、優しすぎる人とか、そういう出来過ぎた男の人、逆に苦手意識感じちゃうんだ」
こんなふうに答えてあげるだけで、「ブロック」感が完全に消えたのがわかるでしょう。
自分の振った話題に対して、結論としては「いいえ」の答えになっていても、これだけ周辺的な事情をいろいろと教えてくれれば、男性もそこから話題を掘り下げていくことができるのです。

「あなたは?」だけでも素敵な会話に

また、「ブロック」にならないようにするためには、「あなたは?」と返してあげるのも有効です。
「趣味とかあるの?」→「あんまりないんだよね~。あなたは??」
「嫌いな食べ物はある?」→「なんでも食べれるよー。あなたは??」
「週末は何をしてるの?」→「なんにもしてないかな。あなたは??」
「好きな男性のタイプは?」→「うーん、普通の人。あなたは??」
「あなたは??」という言葉があるだけで、ただの「ブロック」から十分に発展させ甲斐のある返しになっているのがおわかりでしょう。
「好きな人を振り向かせたい。そのために、追いかけられる女性になりたいです。秘訣はありますか?」(歯科衛生士/24歳)
片想い中の男性であれ、すでに交際中の彼氏であれ、「追いかけたい」と思わせることは、相手の自分に対する好意をより強くするために重要なことです。
「そのために、駆け引きをしましょう。たとえばLINEの返信を遅くしたりして、相手をやきもきさせるのです」
といったアドバイスが一般的かもしれませんが、私はこれでは50点だと思います。
いいですか。「嘘の駆け引き」はバレるし、効果がありません。

「結果的に駆け引き」を目指そう

たとえば、「仕事は9時~5時だよ。仕事後は基本暇」みたいに聞いてたはずなのに、急にLINEの返信が遅くなったら、どうでしょうか。
「あれ、なんかLINEの返信急に遅くなったな。俺に興味なくなったか、あるいは、あえて返信を遅らせて気を引きたいのかな?」と思ってしまうはずです。全然やきもきなんてしないのです。
「LINEの返信を遅らせてやきもきさせたい」のなら、「LINEの返信を遅くせざるを得ない状況」を本当に作り出すのです。飲み会や趣味でもなんでもいいです。とにかくスケジュールを忙しくして、LINEを即レスできないくらいの状況に自分を置く。
そうすると相手の男性も「LINE返ってこないな。最近いろいろ忙しいって言ってたもんな……。なんかちょっとやきもちかも」みたいな気持ちになってくれて、狙いが成功しやすくなるというわけです。
「追いかけられる女性」になりたいのなら、嘘の駆け引きをするんじゃなくて、彼との距離が必然的に空いてしまうような状況を本当に作り出すこと。それで結果的に、リアルな駆け引きに持ち込むことです。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします