イライラ、だるさ、ニキビ 生理周期からくる不調に低用量ピルがいい理由

ピルの服薬をはじめてから、生理前のイライラが気にならなくなった、肌トラブルが減ったというのはよく聞く話。このようにピルには避妊や生理痛の緩和以外にもうれしい効用がいくつかあります。今回はそんなピルの意外な効用とその理由についてご紹介します。

低用量ピルで生理前の不快症状が和らぐ理由

生理前に起こる、イライラやだるさ、便秘といった心身の不調。あらわれ方や、重さ、軽さは人によって異なるものの、ほとんどの女性が生理周期による変化を感じているでしょう。

これら症状の原因は女性ホルモンの影響によるもの。女性ホルモンには妊娠するための体を作るエストロゲン(卵胞ホルモン)と妊娠を継続するためのプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、生理周期の中でそれぞれ分泌が多くなったり少なくなったりしています。

エストロゲンは肌や髪に艶を与える美容に嬉しい働きがありますが、一方でプロゲステロンは不快症状を引き起こす働きがあるといわれています。

ピルは、これら2種類の女性ホルモンと同様の成分が含まれている薬で、服薬することで体内の女性ホルモンのバランスを常に一定に保つことができます。ホルモンバランスが一定になることで、生理周期に応じたイライラなどの不快症状が和らぐのです。

 

ニキビなどの肌トラブルの予防

またもうひとつ、「ピルを服薬すると肌がきれいになる」という噂をよく耳にしますが、こちらも本当。とくに生理前になると口や首元に出やすい炎症をともなうニキビ、いわゆる大人ニキビの改善に効果的です。一般的に生理前になるとプロゲステロンの量が上昇し、皮脂分泌が活発化するのが大人ニキビの原因。しかしピルを服薬するとプロゲステロンの量も一ヶ月ずっと一定になるため、ニキビの予防につながるというわけです。

ニキビだけではなく、肌の健康状態とホルモンバランスは密接に関係しています。生理周期に合わせて肌の調子がゆらぎがちな女性にも、ピルはおすすめです。

 

避妊・生理痛の緩和以外のお悩みも相談の価値あり!

ホルモンバランスが整うと、生理周期による心身の変化が起きにくくなる人がほとんど。そのためルナルナのピルモードでは、生理周期に合わせたお告げを出していません。

ホルモンバランスは目に見えないため、整うといわれてもなかなかピンとこないでしょう。しかしホルモンバランスが一定になり、体調の変化にわずらわされない暮らしは、あなたが思っているよりずっと快適です。

避妊や生理痛の緩和だけが、ピルの効用ではありません。生理前のモヤモヤとした気分も、ニキビも、あなたが悩んでいるのであれば、それは改善を目指すべき症状。「こんな理由でピルを飲んでいいの?」などと考えず、まずは悩みについて医療機関に相談してみましょう。

 

この記事の監修
日本産科婦人科学会専門医  甲賀 かをり先生

この記事のキュレーター

生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします