愛され彼女から「気持ちを上手に彼氏に伝える方法」について教わってみた

どうもあかりです。
これまでたくさんの恋愛を見てきて、ひとつ断言できることがあります。
それは、「彼氏から愛される彼女は、自分の気持ちを彼氏に伝えるのが上手」ということ。

一緒に話をしていて「楽しい」と相手に感じさせることができる人は、男性でも女性でも人気者だし、モテるわけですが、カップル同士の関係においても、これは同じです。

「コミュ力」という一言でまとめてしまうとどうにも安っぽく聞こえてしまうのですが、「気持ちを上手に伝える能力、技術」って、恋愛においても極めて重要なんです。

しかも、恋愛って、怒りや悲しみ、楽しさ、嬉しさなど、ありとあらゆる感情の振れ幅が大きく、レベルが高いので、対友人関係よりも、「気持ちをちゃんと伝える」ことの難易度が増しますよね。「ごめん」とか「ありがとう」とか当たり前のことでも、恋人に対してだと途端に言いづらくなる人ってきっと多いはず。

ということで今回は、「愛され彼女なら、どんなふうに気持ちを上手に伝えてるのか?についてお届けしていきます。

「愛され彼女から」と言っても、女性が「私、愛され彼女だよ~」と自己申告するのは信ぴょう性がないので、男性陣に集まってもらい、「理想的な彼女の気持ちの伝え方」を聞いてみましたので、それをご紹介する形で進めていきますね。

「デートしてるときに男が一番うれしい言葉って、『こんなところに来たの初めて』とか『こんなにおいしい料理初めて』とか、そういうのだと思う」(医療関係/26歳)
デートで「楽しいなっ」と感じたとき、その気持ちを最も効果的に彼に響かせるには、「初めて」という言葉を使ってあげるべきです。
男性は、言葉には出さないけれども、デートプランを考えたり、実際にデート中に彼女のことをいろいろな場所に連れて行ったり、自分が選んだお店でご飯を食べたりしているときに、「彼女、楽しんでるかな?」とか「今日のデート、これで正解だった?」とか内心気にしているものです。
そんな彼に対して「楽しいよ」とストレートに伝えてあげることももちろんいいと思うのですが、なんだか、「楽しい」って言葉はあまりにも直球過ぎて、逆に伝え辛いと感じることもありますよね。
そういう意味では、「初めて」という言葉は、まさに上の彼が挙げてくれた例のように、「こんな素敵なところ来たの初めて」とか「こんなにおいしいの初めて」みたいに、ごくごく自然に使うことができます。
だけどその言いやすさに反して「初めて」という言葉のインパクトは絶大。
「初めて」というのはイコール、「これまでの恋愛の中で一番(素敵、おいしい、楽しい)」という意味ですので、これを言われた彼氏としては、まさに彼氏冥利に尽きる思いでしょう。
「いまの彼女の好きなところは、さみしい気持ちを伝えるときに、すごくかわいいこと。自分、仕事がかなり忙しいので、これまで付き合った彼女にも文句とか不満とか言われまくってたけど、いまの彼女は『さみしいけど、次会えたときの嬉しさがその分大きいはずだから、頑張って我慢してるよ』みたいにポジティブにさみしさを伝えてくれるので、プレッシャーにならないし、すごく助かってるというか、ありがたい」(教員/25歳)
「ネガティブなことを伝えるときこそ、ポジティブに」
これは恋愛におけるコミュニケーション術の大鉄則の1つとしてぜひ覚えておいてください。これが実践できる女性は、確実に愛されます。
単純に、ネガティブなことをポジティブに伝えられるだけで、言われた側からすると心の負担が軽いですし、そういうことができてしまう性格の明るさ、前向きさに「キュンっ」とします。
また、「ネガティブなことはネガティブに伝える」というのがまあ普通の人間ですので、「ネガティブ⇒ポジティブ」の変換ができるというだけで、周りの女性から圧倒的に差別化できます。
まさに上の彼が話してくれたように、「いままでの元カノとは全然違う。めっちゃ好き」という評価を得やすいところですので、頑張りどころです。
「嫌な気持ちになったときに、ムスっとして黙り込んだりするのよりも、『うわ~ん、〇〇された~(泣)』って少し大げさなくらいに嫌って気持ちをはっきりとストレートに伝えてくれる彼女の方が、付き合いやすいなって思います」(ウェブ系/28歳)
誰でも交際中、彼のせいでイラっとしたり嫌な気持ちになるというのは必ずあるわけですが、そういう「嫌な気持ち」の伝え方も、女性の間でかなり差が出るところです。
結論としては、「とにかく大げさなくらいに、どれだけ鈍感な男性でも絶対に捉え間違いをしないくらいにわかりやすく伝えるのがいい」というのが私の考えです。
「嫌!」って思ったときの問題は2つです。
1つは、どうやって彼に気付いてもらえるか。
2つは、どうやって解消してもらえるか。
「嫌だ!」の気持ちをストレートに伝えない女性は、彼が「気付いてくれない」のと「解消してくれない」ことの2つでさらにイライラしてしまって、彼氏に「そんなことでなんでこんなに怒ってるんだよ?」と面倒くさい彼女に思われてしまいます。
もしもあなたが「これをされたの、嫌だったの(泣)!もうやめてね!」って言えたら、彼は絶対に気付いてくれるし、何がまずかったか分かるので、きっと解消もしてくれます。
「どんなに小さな気遣いとかも気付いてしっかり『ありがとう』って言ってくれる彼女だと、もっともっといろいろとやってあげたくなるので、付き合っていて楽しい」(広告/24歳)
「ありがとう」が言えない彼女は問答無用ですが、ただ言えばいい、というほど簡単ではありません。
彼に「この子はちゃんとお礼を伝えてくれて、いい子だな」って思われるには、「こまめに、丁寧に」がカギです。
分かりやすく具体例を示すと、「わざわざありがとうって言うほどのことでもない」って思うようなことでも、言って損はないので、必ず「ありがとう」と言う。
「ありがとう」を1回だけじゃなく、時間を置いて2回も、3回も伝える。
大きなプレゼントをしてくれたときには、口で「ありがとう」と言うだけじゃなく、お手紙を書くとなお良し。
という感じでしょうか。
彼女からの「ありがとう」は、男性にとって彼女を喜ばしたり笑顔にしたりすることの原動力になるので、彼女がこれをきちんとできているカップルというのは、必ずうまくいくのです。
「男性はなんだかんだ子供なので、彼女から先に謝ってあげることができると、うまくいくことがすごく多いと思う。交際って」(大学院生/24歳)
恋愛って試合じゃないし、カップルは敵同士じゃありませんので、勝ち負けはありません。
だから「ごめんね」は、たとえ本心じゃなくても、自分から先に言ってあげるとものすごくうまくいくことが多い。私もすごく同感です。
しかも彼氏も馬鹿じゃありませんから、彼女が先に「ごめん」と言ったからって「ほ~ら、彼女がやっぱり悪かったんじゃ~ん!」なんて思いません。内心は「まあ、俺も悪かったよな……」って気付きつつ、それでも先に「ごめん」を言ってくれた彼女に対して少し脱帽する思いでいるはず。
だから、こうすることでふたりの関係はうまくいくし、しかも自分の彼女としての株も上がる。良いことしかありません。
「自分としては、『好き』って言葉だけじゃなくて、行動で伝えてくれる彼女が好き。行動まで伴ってると、響くので」(公務員/25歳)
私たち女性だって、よく男性に対して「言葉より態度」と言っていますが、実際、交際においては、彼氏が彼女に対して「好き」を態度で伝える場面の方が圧倒的に多いのです。
たとえばデートスポットを決めたり、会計時に多めに出したり、お見送りをしたりといった一見「当たり前」のものはどれも「彼女のことが好き」だからこそやっているものですので、「好き」を行動で表したものと言えます。
それに対して、彼女が彼氏に行動で「好き」を伝える場面って割と少ない。積極的に意識していないと、「実は口だけなのは自分」ということにもなりかねません。
さっき、「ありがとう」を伝えるコツとしてお手紙やちょっとしたプレゼントの活用をご紹介しましたが、こういったものは「好き」の行動版としても併用できますので、ぜひ試してみてください。
「終わった後に、彼女がピターっとくっついてくれるだけで、(ああ、気持ちよかったんだな。よかった……)って思える」(メーカー/23歳)
彼とふたりでイチャイチャしたら、必ず「気持ちよかった」って感想を伝えてあげましょう。これは必須です。
しかし、言葉で直接「気持ちよかった」と伝えるのは割とハードルが高いですよね。最中ならまだしも、終わった後っていわば「シラフ」の状態だから、かなり恥ずかしい。
そこで簡単かつしっかり伝わる伝え方が、「無言でくっつく」です。
終わった後にそっぽを向いたりするんじゃなくて、ただ無言で、彼の胸元に頭をくっつけて、幸せそうな顔で彼のことをじーっと見上げ、見つめる。こうするだけで「すごく気持ちよかったよ」というメッセージが彼に届くはずです。
とにかく簡単で、めっちゃ効果的ですので、ぜひやってみてあげてほしいです。
ということで今回はこの辺で。
交際中に生まれる「気持ち」のだいたい全部をカバーして、それらの上手な伝え方をお届けできたと思っています。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします