やってみよう!「恋愛のゲーム化」で彼氏があなたにグイグイ迫ってくる!

どうもあかりです。
あんまり「恋愛はゲーム」みたいなチープなことは言いたくないのですが、ぶっちゃけ多くの男子が恋愛にゲーム的な要素を感じているんです。
でも、これはあながち悪いことではないんですよ、安心してください。

恋愛のゲーム化が悪いことではないというのは、彼があなたとの恋愛を「ゲーム」として上手に捉えられるようになると
①彼女に対してやってあげるべきことがわかっている
②やればやるほど成果が出るので楽しい
という二つのメリットが得られるからです。そして、彼氏がこういうモードに入っているカップルというのは、スイスイスイーと前進していく。

あなたが「恋はゲーム」と思う必要はない。だけど彼に「恋はゲーム」と認識させた上で、うまくノルマ設定をしてあげて、報酬を与える。この方針はとてもオススメなので、これから紹介する「彼にゲームとしての恋に熱中させる方法」だけでも読んでいってください。

彼の「恋はゲーム」思考を一番に利用すべきポイントは、「がんばりの見える化」です。ゲームで言うなら、そのステージでチャリン、チャリンと集めたコインの数や、敵を倒して貯めた経験値のこと。これらのおかげで、「ああ、俺はちゃんと頑張ってるんだわ」という満足感につながっている。
これを恋でも実践してあげるとすれば、彼が私たちのためにしてくれた大なり小なりのやさしさ、気遣いに対して、「それナイス!」といちいちリアクションをしてあげること。
ゲームの話ばかりで恐縮ですが、男子がドMでもないのにブロックに頭をぶつけまくるのは「コイン」がもらえるからであって、楽しくもないザコ敵とのバトルを繰り返すのは、「経験値が貯まるから」。コインがもらえなければ、また、経験値が貯まらなければそんなことをはじめからしないのです。
これと同じで、恋愛でも、彼女から「それナイス!」がもらえないと、「この行動やってもコインなしかよ」と思ってしまって、もうそういう行動をしてくれなくなるかもしれない。逆に、「これでコインもらえるんだ!」と思ってもらえたら、「またしよー」とスムーズに思ってもらえる。
要するに、「いちいちウザい」って思われるくらいの覚悟で「ありがとう」「それすごく嬉しい!」と伝えてほしいのです。
あなたが「難易度高いゲーム」であること自体は問題ないです。男子だって、難しいゲームは好きですから。難しいと燃えます。
だけど、「難しいゲーム」であることと「初見殺し」であることとは質が違います。「初見殺し」というのは、事前にネットとかでカンニングをしないと、ほぼ100%死んでしまうという…難しさが理不尽すぎるものをいいます。
別名「クソゲー」です。
「こんなん最初から無理じゃん」と思ったら、「がんばってクリアするぞ!」というやる気が持てないのです。だから「クソ」。だって、いくらがんばったって死ぬんですから。
「クソゲー」彼女にならないためには、単純に、「初見殺し」をしないようにしてあげてください。つまり、「一度もそんなこと注意されたことなんてないのに!」みたいなところで怒ったり、注意したりしない。
怒る前に、一度ちゃんと町の村人として「これはやっちゃいかんそうじゃよ」と助言しておく。これが、彼に対してフェアな状態を作るということです。
最近スマホゲームは主流ですが、スマホゲームが人気を獲得するために必ずと言っていいほどやっているのが、定期的なイベントの開催です。
プレステとかでやったRPGなどと違って、「エンディング」や「ゲームクリア」が明確でない分、ゲーム会社側からユーザーに対してプレイ欲を促す仕組みが必要。そのために設定されるのがイベントです。このイベントが日々設定されるおかげで、ほぼ毎日、ログイン&プレイを促すことができるのが人気ゲーム。
恋愛も同じで、カップルがお互いにイベントを設定して、相手のプレイ欲を促していく必要があります。「記念日」や「誕生日」が代表的なイベントですが、頻度的にも少なすぎますし、そこまでド派手なものではなくてもいいので、ちまちま、頻繁にやっていきたいですね。
だから例えば、「今週のお家デートでは、このドラマシリーズぶっ通しで観るよー!」、「今度遊ぶところの近くにペットショップあるみたいだから、行ってみてもいい?」みたいな形で、プチイベントを提案してあげることが、地味に重要なのです。もちろんこれは、一方的じゃなくてお互いにやっていくべきことではあるんですが、つい私たちは受け身になりがちなので、自戒も込めつつということで。
最初に書いた、コインや経験値が貯まっていく「がんばりの見える化」を日常的にできるようになったら、ついでに「レベルアップ」も見える化してあげるといいですね。
「レベルアップ」は、日ごろの彼の行動に対してチャリン、チャリンといちいちリアクションしてあげるのよりも、もう少し次元が上のお話です。
具体例を挙げるのなら「私たち最近前より仲良しになったよね~?」とか「なんか私のこと私以上にわかってない?」とか、ひとつひとつの行動というよりも、彼氏の全体的なイイ男感や、ふたりの関係性そのものに対して「ナイス!」をあげるのが、レベルアップ。
恋愛を通じて人間的に成長したい、ふたりの関係を少しずつ前に進めていきたいと思っているのは彼も同じ。そして、これを実感させてあげられるのは、パートナーであるあなただけです。
もちろん、あなたに対しては、彼のほうからレベルアップをお知らせしてもらう必要があるのだけれども、あなたからまずこれをしてあげれば、自然と彼がそうしてくれるようになるかもしれません。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします