頭痛薬を飲んでも大丈夫?気になる低用量ピルと他の薬の「飲み合わせ」

低用量ピル(以降、ピル)がそれほど怖い薬ではないことは、これまでの記事を通してお分かりいただけたかと思います。しかし飲み薬である以上、気になるのが“飲み合わせ”。今回はそんなピルと、他の薬やサプリメントとの飲み合わせについてご紹介します。

市販の薬なら“飲み合わせ”は問題なし!

 

花粉症の時期に抗アレルギー薬を飲んだり、スムーズなお通じのために便秘薬を飲んだりと、たとえ大きな病気を抱えていなくても、薬を口にする機会は意外と多いものです。ピルの服薬を考えている人たちからは「頭痛薬が飲めなくなるの?」といった声も聞かれ、“飲み合わせ”はすでにピルを服薬している人はもちろん、これからピルのある生活をスタートさせたい人にとっても気になるテーマです。

 

結論から言うと、ピルと他の薬との飲み合わせについて、市販薬(ドラックストアなどで処方箋なしで購入できる薬)であればほぼ大丈夫。風邪薬や頭痛薬、便秘薬や胃腸薬といった飲み薬から、塗り薬や目薬も、相互作用はありません。そのためピル服薬中でも市販薬であれば安心して服薬してください。

 

処方薬は注意が必要!受診の際はかならずピルの服薬を伝えて

 

市販薬は問題ありませんが、病院で処方される薬(処方薬)のなかには、ピルの効果を弱めてしまう物質が含まれている可能性があるため、注意が必要です。たとえば皮膚炎等に処方される副腎皮質ホルモンや喘息の方によく処方される気管支拡張剤のなかには、ピルと併用することで、それぞれの作用が強まる可能性のある物質も。反対に高血圧の薬や糖尿病の薬のなかには、ピルの影響で効果が弱まってしまう薬があります。

 

処方薬でも、ピルとの併用が可能な薬剤もありますが、飲み合わせの可能・不可を勝手に判断するのはとても危険です。担当医師や薬剤師にかならずピルを服薬していることを伝え、ピルへの影響を配慮した薬を処方してもらいましょう。

 

不安を解消!ピルを処方してもらう際に活用できるアイテム

 

ピル服薬中の方はピルを受け取る際、「患者携帯カード」という名刺サイズの説明書のような紙を受け取っていませんか?このカードは、他の医療機関を受診する際に提示することで薬剤の飲み合わせに問題がないように調整してもらう意味も持っています。ピル服薬中であることをスムーズに伝えられますので、受診の際には提示することをお勧めします。

また、「ルナルナ ピル(OC/LEP)モード」の中には、この「患者携帯カード」をそのまま表示できる機能もありますので、ぜひ活用してみてください。

 

 

リラックス系サプリメントには要注意

 

薬ではないものの、サプリメントとの飲み合わせにも気をつけておきたいもの。ほとんどのサプリメントとの併用は問題ありませんが、「セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)」というハーブを原材料として使用しているサプリメントには注意が必要です。リラックス効果があると言われるハーブの一種ですが、併用することでピルの効きを弱め、避妊効果を下げてしまう可能性があります。

またバストアップ系のサプリメントでよく含有されている、女性ホルモンをよく似た働きをする「大豆イソフラボン」や「プエラリア」にも、女性ホルモンの過多によって体調を崩すケースがあるため、注意が必要だと話す医師もいます。

 

安心してずっと服薬しつづけるために、最後にもう一度確認しておきたいこと

 

一部のサプリメントには注意が必要ですが、きちんと許可をとって製造されている市販薬やサプリメントにおいては、基本的にはピルとの服薬は問題ありません。ただし、自分がどんなものを服薬しているか把握しておくことは必要です。市販薬やサプリメントは「何で作られていて、どのように服薬するか、服薬の際の注意点」など表記するように法で決められているので、できればパッケージ表記などを確認してから購入、服薬するようにしましょう。またメーカーによっては飲み合わせについてホームページや電話での問い合わせも可能です。

ピルは服薬し続けることで効果を得られる薬です。そのため、飲み合わせに関して理解しておくことはとても重要です。処方薬のみならず、市販薬やサプリメントでも少しでもあなたが不安に思うことがあれば、かならずかかりつけ医師に相談しましょう。安心・安全に服薬し続けられることで、ピルの服薬の効果はあなたの悩みをきちんと解決に導いてくれるでしょう。

この記事の監修
日本産科婦人科学会専門医  甲賀 かをり先生

ルナルナからお知らせ

※ルナルナサービスからのWEB予約は、
PCサイトからはご利用いただけません。
お手数ですが、ルナルナアプリもしくは
スマートフォンサイトにてルナルナにログインいただき、
「メニュー→受診サポート→検診・予約」より
ご利用をお願いいたします。

この記事のキュレーター

生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします