自分の存在を残せる!男性が胸キュンしちゃう女性の一言

モテる女性というのは、「あの子、もしかしたら俺のこと好きなのかもしれない」と男性に思わせることが上手です。

一度そう感じてしまうと、男性もその女性のことを意識せずにはいられなくなってしまうからです。

そこで今回は、気になる男性の記憶に自分の存在を残すことができる、男性を胸キュンさせる一言を紹介します。

「会社の飲み会で、次の日が早かったのでひと足先に帰ろうとしたら、『えっ、もう帰っちゃうんですか!?』と後輩女子に言われました。
まだ帰ってほしくないのかなって、気になって仕方なくなっちゃいました」(25歳/営業)
気になる男性が帰ろうとしているときに、「さようなら」、「また明日」などといった普通の挨拶をしても、彼の心には何も残りません。とはいえ、「帰らないで」、「寂しい」などとは、なかなか言えませんよね。
そんなときは、この一言を言えば、男性もかなりドキドキして、あなたのことを意識し始めちゃうはずですよ。
「職場のチームでの食事会があり、同僚の女性に参加するかどうかを聞いたら、『○○さんが行くなら行こうかな』って笑顔で言われました。
俺がいないと嫌ってことかなと、思わず嬉しくなっちゃいました」(29歳/アパレル)
男性の耳には、「あなたがいないなら行く意味がない」と言っているのと同じに聞こえる一言です。これは男性にはかなり効果が大きいでしょう。
「俺に惚れているのかも?」と、男性が勝手に妄想ストーリーを展開し始め、どんどんあなたのことが気になっちゃうことでしょう。
「朝、会社に着くなり、後輩の女の子に『○○さんが夢に出てきたんです』と恥ずかしそうに言われたときは、なんだか妙にドキドキしました。
どんな夢だったのか、内容がかなり気になります」(27歳/広告)
好きな人が夢に出てくるというのは、誰しもが一度は経験したことがあるはずです。だからこそ、「夢に出るということは、俺のこと好きなのかな?」と思わずにはいられないのです。
しかも、男性は大抵、好きな人とのエッチな夢を見ることが多いので、「もしかして俺とのエッチな夢を…」と、ドキドキ妄想が広がってしまうことでしょう。
「職場の人たちとのBBQパーティーに用事があって参加できないと、幹事の女の子に伝えたら、『じゃあ、私も行くのやめようかな…』って急に寂しそうに言われて…。
休日も俺に会いたいのかなって、ドキッとしちゃいました」(25歳/美容師)
これも、「あなたがいないなら行く意味がない」と男性に訴えることができる一言です。
これなら、さりげなく冗談っぽく言うこともできるので、恥ずかしさも少ないはずですよ。
残念感を出すことができれば、男性の胸キュン度合いも大きくなること間違いなしです。
男性の記憶に残るような一言をうまく言うことができれば、あなたの存在は彼の中でどんどん大きくなっていくことでしょう。
気がついたら、彼の方があなたに夢中になってしまっているなんてことも、全く起こり得ないことではないですよ。(山田周平/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします