意外と繊細!?年上彼氏と付き合うときに気をつけること

頼りがいのある年上彼氏が好きという人は多いでしょう。しかしながら、気をつけて付き合わないと、思わぬ喧嘩をしてしまうことも……。年上彼氏は意外と繊細なところがあり、こちらも気遣ってあげないといけないことがあるのです。

そこで今回は、年上彼氏と付き合うときに気をつけることをご紹介します。

ジェネレーションギャップや年齢差を話題に出していじってはいませんか。少しくらいならいいかもしれませんが、基本的に年齢でいじるのはおすすめしません。
意外と気にしていますし、彼女との距離を感じて寂しい思いをする男性も多いです。年齢はどうしようもない要素ですから、そこをいじられると辛いものがあります。
特に彼氏があまり自信ないタイプの場合は、年齢いじりはやめた方がいいでしょう。
同世代の男友達を褒めすぎると、年上彼氏は「やっぱり同年代がいいんだな」「若いやつには勝てないよな」などと思って落ち込んでしまいます。
嫉妬する気持ちと年上の自分が彼氏になっている申し訳なさを感じてネガティブになってしまうのです。ネガティブさから浮気を疑い始めることさえあります。同年代の男友達について話題に出すときは、彼の様子をよく見て気をつけるようにしてください。
年上彼氏に頼りたい気持ちはすごくわかります。むしろ頼れるからこそ年上彼氏と付き合っている人も多いでしょう。
しかしながら、年上彼氏だってただの一人の男性です。弱ることだってありますし、彼女に甘えたい気持ちになることもあります。なのであまりにもこちらが頼りすぎると、彼氏がもっと甘えたいと思って不満を感じることがあるのです。
基本的には年上彼氏に甘えていいのですが、たまには彼氏を甘えさせてうまくバランスをとってください。
デートも日頃の会話も年上彼氏がリードすることが多いでしょう。だからといって自分の意見を言わなくていいということにはなりません。自分の意見はきちんと言うようにしてください。
年上彼氏も、自分の意見を言わない彼女と付き合っていても楽しいとは思えません。彼女の願いを叶えることもできないため、尽くしがいがないと思われてしまいます。
例えば彼氏に「今日お昼は何食べたい?」と聞かれたら、何でもいいと答えるのではなく、自分が好きなものをいくつか挙げて、彼氏に選んでもらうといいでしょう。
年上彼氏は頼りになる存在です。しかし、繊細で傷つきやすい一面もあることを忘れてはいけません。特に年齢差がある場合は発言に気をつけてください。年上彼氏と付き合うときも、彼氏の気持ちを思いあってあげて、いい関係を続けたいですね。
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします