かわいがりすぎもだめ!?自分が年上の年の差カップル円満の秘訣

年の差カップルは世代間のギャップもあり、お互いが相手を思いやらないと長続きしません。年齢が原因で喧嘩になって別れるカップルもいるくらいですから、注意しておく必要があります。

そこで今回は、自分が年上の年の差カップル円満の秘訣をご紹介します。

自分が年上だと、どうしても自虐的になりやすいです。
「私みたいな年上のどこがいいんだろう」などと思ってしまい、彼と話すときに自虐的な発言をすることが増えてしまいます。特に彼が同年代の女性と楽しく話しているのを見てしまうと、ネガティブさが増します。
しかし、彼は好きであなたを選んだはずです。自分がいいと思っているのに本人に自虐的になられると、彼は悲しい気持ちになります。素直にふたりの関係を楽しめなくなり、別れに繋がってしまうのです。
年の差カップル円満の秘訣は、自虐的にならないことです。年齢差なんて些細なことだと笑い飛ばし、堂々と彼と付き合いましょう。
年齢差があると、ついつい年下彼氏をかわいがってしまいます。彼の方も甘えたいということが多いので、それ自体は問題ありません。
しかし、あまりにもかわいがりすぎると、彼の方が甘えきりになってしまい、わがままになるリスクがあります。また、あなたも自分ばかり甘やかす形になって、物足りなく感じるようになるでしょう。
彼があなたに頼りきりになり、依存するいびつな関係になってしまうのはよくありません。彼をかわいがりすぎるのはやめておきましょう。
かわいがることと関連しますが、年齢差があると、つい年下彼氏を子ども扱いしてしまいます。「かわいいなあ」とか「まだまだ若いなあ」と思ってしまって、ちょっと見下すような意識が出てしまうんですね。
彼のことを「頼りがいのあるカッコいい男の人」という目で見れなくなり、彼が不満を感じることがあります。もっと男として頼って欲しいと思うわけです。
年下彼氏だって一人の大人の男性であることを忘れないことが、年の差カップル円満の秘訣です。
年の差カップルでは、自分が頑張りすぎないのが大事です。年上彼女だと、しっかりしているところや癒しなどを求められることが多いです。その気持ちに応えようとして年上としての自分を出そうと頑張るのは理解できます。
しかし、頑張りすぎると疲れますし、いつか無理が生じて何もかもが嫌になってしまいます。彼と無理なく付き合っていきたいなら、頑張りすぎないことが大切です。頑張ればいいというものでもないんです。
今回ご紹介した内容を意識するだけで、年齢差が原因の喧嘩別れを避けられます。「自分が何歳上だから…」というのはあまり気にせず、肩の力を抜いて気楽に彼と付き合っていきましょう。
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします