甘えすぎに注意!自分が年下の年の差カップル円満の秘訣

自分が年下で彼と年の差カップルだという人は多いでしょう。男性は年下好きが多く、大して女性は年上好きが多いので、よくある組み合わせではあります。

しかしながら、お互いを思いやることができないと、すぐに別れてしまいます。年齢差が原因で別れるのは避けたいところです。

そこで今回は、自分が年下の年の差カップル円満の秘訣をご紹介します。

年の差カップルでは、年齢でいじるのはやめておきましょう。こちらはついつい軽いノリでいじってしまいますが、意外と彼は気にしています。
大人だから冗談がわかっていていじりにも動じない……なんてことはありません。年上の彼だって繊細なところがあるんです。年齢はどうにもならない部分ですから、触れていじるのはやめておきましょう。
自分が年下の年の差カップルでは、うまく甘えるのが円満の秘訣です。元々男性は、彼女に甘えられたい人が多いです。年齢差があるとなおさらでしょう。頼ってくれること自体が喜びに感じるんです。
しかしながら、甘えすぎには気をつけてください。あまりにも甘えてばかりだと、彼に不満が溜まって「わがままばかり」「いつも自分ばかり我慢しているのに彼女は何もわかっていない」などと思われてしまいます。
いつか彼の不満が爆発して喧嘩別れになることも……。そうなることを避けるためにも、ほどほどにうまく彼に甘えるようにしましょう。
思っていることを言葉にすることを意識してください。年齢差があると、どうしても感覚に差があります。言わなくてもわかるが通じないのです。
不満に感じたこと、嬉しかったこと、何か考えたことなどはできるだけ言葉にして、相手に伝わるようにしましょう。
特にポジティブな感情は言葉にするのがおすすめです。嬉しいとか、ありがとうといったことを年下彼女に言われると、嬉しいと感じるものですから。彼のモチベーションを高める意味でも、自分が感じたことは言葉にしていきましょう。
年上の彼に合わせて背伸びしたくなる気持ちはわかります。向上心があって努力することは素晴らしいですが、背伸びしてもなかなか長続きはしないものです。彼と無理して付き合うことになり、疲れてしまうからです。
向上心を持ちつつも、背伸びせず自然体で付き合うようにしましょう。焦って変にギクシャクするのは避けたいです。
自分が年下の年の差カップルの方は、今回の4つのことを意識してみてください。ちょっとしたことに気をつけるだけで関係が長続きしますよ。あまり年齢差のことを意識せず、ふたりの関係を楽しむ気持ちが大事です。
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします