そのリスク、あなたは知っていますか?ネット通販で購入できるピルについて

何でもインターネットで買えてしまう時代。インターネット通信販売(以下、ネット通販)というかたちで、低用量ピル(以下、ピル)が売られているサイトもずいぶん増えました。しかしこのネット通販で入手できるピル、時にはとても危険であることを知っていますか。ピルのネット通販での購入について、知っておきたいルールとリスクについて解説します。

そもそも、なぜピルの購入には医師の診察が必要なのか?

ピルはいわゆる「処方薬」です。ドラックストアで購入できる市販薬とちがって、有効性が高い半面、副作用が出ることもあります。
そのため、頭痛薬や便秘薬のように薬局・ドラックストアで処方箋なしに購入することはできず、まずは医療施設で医師の診察を受けることで初めて処方され、服薬することが可能になります。
しかしインターネットで検索すると、医師の診察無しで買えるピルの情報もちらほら。
通常よりも安価な金額に設定されていることもあり、その気軽さからついつい買ってしまいそうになる気持ちは分かります。
しかし、これらの多くが海外製品の個人輸入代行という形でのネット通販であることが多く、日本国内で「医薬品医療機器等法」を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。
医薬品の個人輸入を考えているならば、先の副作用の問題や他の様々なリスクを考慮して、事前に医師や薬剤師などの専門家とも相談しながら、その必要性を十分に検討しましょう。

ネット通販されている医薬品に潜むリスクは?

本来、海外で流通している医薬品を輸入して使う場合には、海外で受けた薬物治療の継続が必要、あるいは海外からの旅行者が常備薬としての携帯など、自分自身が利用する場合のみ可能です。他人への譲渡や販売は違法行為とされています。そして、特定の数量を超えた輸入等に関しては「輸入確認証」の交付を受ける必要があります。
海外から医薬品等を輸入して販売しようとする場合も、効果がないもの、有害なものなどの不良品が国内に流通しないように、国内で製造された医薬品等と同様に、製造販売業又は製造業の許可及び品目ごとの製造販売承認、許可又は登録が必要です。

偽造品や粗悪品が紛れていることも

ネット通販で購入できる医薬品には、日本国内で承認されていないものもあり、そもそも本物かどうかを疑う必要もあります。
例えば、日本国内未承認の海外製ピルの場合、ホルモン量などが日本の規格に合っておらず、服薬することでトラブルを起こすケースも考えられます。
ピルといっても一概には同じ薬剤とは限らないのです。また、仮に避妊目的でピルをネットで購入した場合、そのピルが有効成分を含まない偽物だったらどうなるでしょう?考えただけでも恐ろしいですよね。またなかには人体に有害な物質が含まれている場合もあります。

体のためを思って服薬をはじめたのに、結果的に健康被害が出てしまっては本末転倒。
このように、インターネットで簡単に購入できるものには偽造品や粗悪劣化品が紛れ込んでいる可能性も高いため、注意が必要です。

万が一、このようなピルを服薬して副作用が起き、医療機関に相談した場合、処置にあたる医師や薬剤師がその成分や内容をすぐに理解できず、迅速な処置が難しい場合があります。
また、医薬品(病院・診療所で処方されたものの他、薬局等で購入したものも含みます。)を適正に服薬したにもかかわらず、入院治療が必要なほどの重篤な副作用が起きた場合に、医療費などの給付が行われる「医薬品副作用被害救済制度」というものがありますが、このようなピルを飲んで副作用が起きた場合は、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象とならないため、この救済を受けることができない可能性もあります。

オンライン診療、ジェネリック医薬品という選択も

最近ではオンライン相談・診療を活用して、医師にピルについて相談することも可能ですし、ピルにも比較的安価なジェネリック医薬品が登場しています。ピル服薬を検討しているのであれば、ぜひ一度医師に相談の上、医師の診断をうけ、医療施設を通じて処方されたものを服薬することをお勧めします。

参考
健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入(政府広報オンライン)
医薬品副作用被害救済制度(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
医薬品等を海外から購入しようとされる方へ(厚生労働省)
医薬品等の輸入について(厚生労働省) 

この記事の監修
日本産科婦人科学会専門医  甲賀 かをり先生

 

ルナルナからお知らせ

※ルナルナサービスからのWEB予約は、
PCサイトからはご利用いただけません。
お手数ですが、ルナルナアプリもしくは
スマートフォンサイトにてルナルナにログインいただき、
「メニュー→受診サポート→検診・予約」より
ご利用をお願いいたします。

この記事のキュレーター

生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします